ホーム > 市政情報 > オープンデータに関する取り組み

ここから本文です。

更新日:2017年1月4日

オープンデータに関する取り組み

浜松市では、人口減少、少子高齢化が進む中、地域課題の解決や地域資源の発掘、地域の魅力向上および活性化を図る上で、オープンデータを活用したニーズの調査、新たな市民サービスの提供が有効な手段であると考えており、オープンデータの活用について積極的に取り組んでいます。

オープンデータとは・・・

国や独立行政法人、地方公共団体などが保有する公共データのうち個人情報を含まないものについて、機械判読可能に適したデータ形式で、営利目的を含め二次利用が可能なルールのもとで公開するデータのことです。
それにより、公共データを入手するための時間、費用、手間などのコストを低減することができます。

オープンデータ公開の効果

経済の活性化・新事業の創出

データの収集や複数のデータの横断的利用が機械で容易に実施でき、それらのデータを二次利用することによって、新しいサービスやビジネスが創出され、市民の利便性向上や地域経済の活性化が図られる。

官民協働による公共サービスの実現

行政のデータと民間のデータを組み合わせることで、より満足度の高いデータを提供することができる。また、それらのデータは地域で抱える課題の解決にもつながり、市民協働で地域の満足度を向上させるとともに、市民の行政への参画意識の高まりや協働意識の醸成が図られる。

行政の透明性・信頼性の向上

行政が保有するデータの公開、活用によって、施策の調査や分析・比較が容易になり、行政の透明性や信頼性の向上が図られる。

オープンデータの推進

本市の取り組み

  • 浜松市ウェブサイトによるオープンデータの公開および活用事例の紹介
  • ふじのくにオープンデータカタログによるオープンデータの公開
  • オープンデータの公開に関する利用規約の策定

他自治体と連携した取り組み

公開データ

現在公開しているのは、以下のデータです。

利用にあたっては、本ホームページサイトポリシーとは別に定める利用規約に沿った利用をしてください。
オープンデータとして公開したデータを利用する場合には、利用規約の内容を承諾していただいたものとみなします。また、利用規約は予告なしに変更する可能性がありますので、利用に際しては、最新の利用規約をご確認ください。
利用規約

活用事例

公開したデータをもとに作成されたアプリなどを紹介します。

事例紹介


 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?