ホーム > 市政情報 > 広聴・広報 > 広報 > ホームページ運営 > ホームページ作成道中

ここから本文です。

更新日:2014年3月3日

ホームページ作成道中

2013年10月1日にリニューアルした浜松市ホームページ。デザインはもとより構造も含めた大幅なリニューアルを果たすまでの道のりをご紹介します!

作成日記

cale199705

1997年5月

公式ホームページを開設

1995年11月23日にWindows95が日本で発売されたのが契機となり、1996年~1997年にかけて先進的な民間企業や自治体がインターネットを活用した広報活動に取り組むようになりました。こうした時流にいち早く乗り、浜松市においても公式ホームページを開設しました。

 

 

2002年6月

「浜松市メールマガジン」の試験運用開始

即時性に優れたIT媒体として注目され始めたメールマガジンによる市政情報配信にも先進的に着手しました。開始当初は毎月5日と20日の2回配信。本格運用が始まった2003年には毎週配信していました。
メールマガジン

2004年4月

在住外国人向けホームページ「カナルハママツ」開設

2005年7月

12市町村合併により、旧浜松市以外の11市町村の情報を集約し、新「浜松市」ホームページ運用開始

2007年4月

政令指定都市へ移行。7つの行政区のページを新設。

2012年6月

  • ・「Yahoo!災害協定」(正式名称は「災害にかかる情報発信等に関する協定」)締結

キャッシュ(複製保持)サイト作成のほか、Yahoo!のブログサービス「災害情報ブログ」による発信手段を確保、ポータルサイト「Yahoo!JAPAN」上に浜松市の避難所、ハザードマップなどの情報を掲載します。http://blogs.yahoo.co.jp/hamamatsu_saigai

 

・ホームページリニューアルに関する基本設計開始

浜松市にとって最適なコンテンツ管理システムを導入するため、旧サイトの問題点の分析やコンテンツ管理システムの要件定義の検討が始まりました。

 

 

 

 

 

2012年7月

「ソーシャルメディア活用ガイドライン」策定&公式フェイスブック「いいら!」開始

業務編とプライベート編の2つに分けるという全国的にも珍しいガイドライン。最低限のルールさえ守れば活用を奨励する内容。
ソーシャルメディア活用ガイドライン

市制記念日である7月1日から土日を問わず365日投稿。職員がリポーターとなり、浜松の旬な情報、魅力を伝えている。
浜松市公式フェイスブック「いいら!」

2013年4月

インターネットシステムのリニューアルに向けたキックオフ

2013年5月

ウェブアクセシビリティ第一人者による管理者研修
ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)委員長・植木真氏による管理者向け研修を実施しました。

2013年6月

・新ホームページにデータ移行開始
・第1回市民モニター会議

市内在住・在勤の主婦や学生、施設をよく利用する団体代表、入札情報を閲覧する事業者、市内への転入者などサイトを利用するさまざまな立場、世代の市民に新サイトのデザインやサイトマップを検証してもらい、率直な意見を聞きました。

 

 

2013年8月
ホームページ担当者研修
担当課ホームページ担当者およそ150人に操作研修を行いました。

2013年9月

・仮稼動開始
・第2回市民モニター会議

  • よく利用する機能をパソコンの初期画面に集中させる
  • 出世大名家康くんを配置して親しみやすいページに
  • 検索窓を目立たせるようにする

などの意見を反映させました。

2013年10月

いよいよ新ホームページ稼動!

 

 

 

 

 

 

 

cale2013122013年12月

・市民モニターと市長がランチミーティング

市長が昼休みの時間を使い、市民の皆さんとランチミーティングをし、普段の活動の内容について報告を受け、ざっくばらんな意見交換を行う「チャット!やらまいか」を開催しました。
会の様子

 

新ホームページの特徴

シンプルでスタイリッシュなデザイン

トップページから文字情報を極力排除し、それぞれのページへの入り口を分かりやすいデザインで誘導!タッチパネルを押す感覚での操作をイメージし、直感的に目的の情報へ案内します。

 

出世大名家康くんがナビゲート

浜松市の進める「出世の街」の先導役である「出世大名家康くん」をトップページに配置し、親近感を持ってもらうとともに、浜松の魅力をアピールする写真のナビゲート役も担っています。
出世大名家康くん専用サイト

 

SNSを活用した情報発信

公式Facebook「いいら!」では、毎日職員がリポーター役になり、浜松の魅力情報を発信。情報発信の即時性や公式サイトへの誘導、ユーザーとの双方向性を実現しています。
公式Facebook「いいら!」

 

関係サイトを巻き込んだマルチ広報

公式サイトだけではなく、子育て情報サイト「ぴっぴ」や観光情報サイト「浜松だいすきネット」など、市民の関心が高い関連サイトと一体となった情報発信を展開しています。

 

大規模災害時の業務継続性

南海トラフ巨大地震の想定震源域外にある東日本・西日本のデータセンターにサーバを分散させるなど強固なインフラを整備(政令市初の取り組み)。大規模災害発生時には、サーバへの負荷を軽減されるため、簡潔で必要な情報を掲載する専用のトップページに切り替えをします。

 

次世代端末への対応

レスポンシブウェブデザインを採用し、タブレットやスマートフォンなどさまざまな端末からの閲覧に対し、最適なデザインを自動的に生成しています。

 

オール浜松体制によるウェブ再構築

デザイン制作や旧サイトからのページ移行など全面的なリニューアルに伴い、浜松市を良く知る地元の専門業者や大学関係者の有識者に設計の前段階から携わっていただき、細部にわたり検証を行うことができた。
さらに、「市民目線」を重視し、2度に渡る市民モニター調査を実施し、サイト構成やデザインに関する意見を反映しました。

 

外国語サイトに3言語を追加

外国人市民が多い浜松市では多文化共生施策にも力を入れているため、外国語サイトの対応言語に、従来の英語・ポルトガル語・やさしい日本語に加え、中国語・スペイン語・タガログ語を追加しました。
カナルハママツ

 

和テイストで他自治体サイトと差別化

シティプロモーションとして展開している「出世の街 浜松」をテーマにコンテンツを立ち上げ、コンセプトに合わせた「和」テイストのデザインで浜松の自慢や魅力を発信しています。また、人気の高い家康くんのコンテンツを一カ所に集約しました。
出世の街 浜松~みりょく大集合~

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所企画調整部広聴広報課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2021

ファクス番号:053-457-2028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?