ホーム > くらし・手続き > 住まい・建築 > 耐震 > 地震から命を守ろう~耐震診断・耐震補強のすすめ『TOUKAI-0総合支援事業』~

ここから本文です。

更新日:2017年10月25日

地震から命を守ろう
~耐震診断・耐震補強のすすめ『TOUKAI-0総合支援事業』~

平成7年に起こった阪神・淡路大震災では、死者およそ6,400人の約8割以上が建物の倒壊などによる圧死でした。また、火災による死者の中にも、建物などの下敷きとなって逃げられなかったり、倒壊した建物やブロック塀などで道路がふさがれて消火活動が遅れたことによるものが多く含まれていると考えられます。
昭和56年5月31日以前の建築物は、旧耐震基準で建てられているため、新基準で建てられたものに比べ、耐震性に劣ります。発生が予想される東海地震で、阪神・淡路大震災のときの大惨事を繰り返さず、人命・財産の被害を最小限とするための対策の一つとして、浜松市では『浜松市プロジェクトTOUKAI(東海・倒壊)-0総合支援事業』を創設し、地震の際に危険な建物やブロック塀などの耐震化の促進に取り組んでいます。

 

お知らせ

  • 非木造住宅、住宅以外の建築物について、平成29年度の受付は終了しました。次回の受付開始は平成30年4月を予定しています。
  • 木造住宅耐震補強助成事業について、平成30年3月まで補助金額15万円の追加拡充を行っています。

事業内容

事業の概要説明

パンフレット

木造住宅について 木造住宅(PDF:230KB)
非木造住宅について
・平成29年度の受付は終了しました。
非木造住宅(PDF:172KB)
住宅以外の建築物について
・平成29年度の受付は終了しました。
住宅以外の建築物(PDF:134KB)
ブロック塀等について

ブロック塀の撤去(PDF:128KB)
ブロック塀の撤去及び改善(PDF:128KB)

補助利用上の注意

TOUKAI-0関連の出前講座

講座No.91:地震に強いわが家にしよう!
昭和56年5月31日以前に建築された建物の耐震対策の補助制度について説明します。

その他、上記「「TOUKAI-0」総合支援事業」に係る事業内容の講座をご希望であれば、ご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。

出前講座の申込
※10人以上で、会場をご用意の上お申し込みください。

その他

関連リンク集

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所都市整備部建築行政課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2473

ファクス番号:050-3730-5234

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?