ホーム > 市政情報 > 監査 > 定期監査・行政監査結果 > 定期監査・行政監査結果(平成23年5月24日)1

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

定期監査・行政監査結果(平成23年5月24日)1

第1 監査の対象

  • 生活文化部
    • 市民生活課
    • 文化政策課
    • スポーツ振興課
    • 生涯学習課
    • 文化財課
    • 美術館
    • 中央図書館
  • こども家庭部
    • 次世代育成課
    • 子育て支援課
    • 児童相談所
    • 保育課
  • 健康医療部
    • 健康医療課
    • 精神保健福祉センター
    • 佐久間病院
    • 看護専門学校
    • 保健環境研究所
    • 新法人設立準備課
    • 健康増進課
    • 保健総務課
    • 生活衛生課
    • 保健予防課
    • 保健所浜北支所
  • 商工部
    • 産業総務課
    • 産業振興課
    • 商業政策課
    • 観光交流課
  • 農林水産部
    • 農業水産政策課
    • 中央卸売市場
    • 食肉地方卸売市場
    • 農業振興課
    • 北部農業事務所
    • 森林課
    • 天竜森林事業所
  • 土木部
    • 土木総務課
    • 南土木整備事務所
    • 北土木整備事務所
    • 浜北土木整備事務所
    • 天竜土木整備事務所
    • 道路課
    • 河川課
    • 技術監理課
  • 建築住宅部
    • 建築行政課
    • 北部建築事務所
    • 住宅課
    • 公共建築課
  • 緊急経済対策事業本部
  • 西区役所
    • 区振興課
    • 税務課
    • 区民生活課
    • まちづくり推進課
    • 社会福祉課
    • 長寿保険課
    • 健康づくり課
    • 舞阪地域自治センター地域振興課
    • 舞阪地域自治センター地域生活課
    • 雄踏地域自治センター地域振興課
  • 北区役所
    • 区振興課
    • 税務課
    • 区民生活課
    • まちづくり推進課
    • 社会福祉課
    • 長寿保険課
    • 健康づくり課
    • 細江地域自治センター地域振興課
    • 引佐地域自治センター地域振興課
    • 引佐地域自治センター地域生活課
    • 三ヶ日地域自治センター地域振興課
    • 三ヶ日地域自治センター地域生活課
  • 天竜区役所
    • 区振興課
    • 税務課
    • 区民生活課
    • まちづくり推進課
    • 社会福祉課
    • 長寿保険課
    • 健康づくり課
    • 天竜地域自治センター地域振興課
    • 春野地域自治センター地域振興課
    • 春野地域自治センター地域生活課
    • 佐久間地域自治センター地域振興課
    • 佐久間地域自治センター地域生活課
    • 水窪地域自治センター地域振興課
    • 水窪地域自治センター地域生活課
    • 龍山地域自治センター地域振興課
    • 龍山地域自治センター地域生活課
  • 会計管理者
    • 会計課
  • 消防
    • 消防総務課
    • 予防課
    • 警防課
    • 情報指令課
    • 中消防署
    • 東消防署
    • 西消防署
    • 南消防署
    • 北消防署
    • 浜北消防署
    • 天竜消防署
  • 上下水道部
    • 上下水道総務課
    • お客さまサービス課
    • 料金課
    • 水道工事課
    • 下水道工事課
    • 浄水課
    • 下水道施設課
    • 浜北上下水道課
    • 天竜上下水道課
    • 引佐上下水道課
  • 農業委員会事務局

第2 監査の期間 

平成22年12月6日から平成23年3月11日まで 

第3 監査の方法 

監査対象部局から提出された資料及び諸帳簿等関係書類を抽出調査するとともに、関係職員から説明を求め、主として平成22年度執行の事務事業が関係法令に基づき適正に執行されているかどうかを監査した。 

第4 監査の結果 

次のとおりである。  

生活文化部

財務に係る事務の執行として収入・支出事務、補助金交付事務、業務委託等契約事務及び財産管理事務を主眼に調査した結果、これらの事務はおおむね適正に処理されていると認められた。なお、一部において次のとおり是正・改善を要する事項が見受けられた。  

●財務監査

スポーツ振興課

1.平成21年度浜松市中学校体育連盟ジュニア育成強化事業業務委託について、受託者から委託事業完了報告書が提出されているが、業務委託検収報告書を作成していない。   

こども家庭部

財務に係る事務の執行として収入・支出事務、補助金交付事務、業務委託等契約事務及び財産管理事務を主眼に調査した結果、これらの事務はおおむね適正に処理されていると認められた。  

健康医療部

財務に係る事務の執行として収入・支出事務、補助金交付事務、業務委託等契約事務及び財産管理事務を主眼に調査した結果、これらの事務はおおむね適正に処理されていると認められた。なお、一部において次のとおり是正・改善を要する事項が見受けられた。  

●財務監査

健康医療課

1.平成22年10月31日現在、納期限後20日を経過している夜間救急室使用料の収入未済35件、218,130円について、督促状を発していない。

佐久間病院

1.平成22年10月26日、佐久間病院において、外来収益等の受取現金及び釣銭用現金について、現金実査を行った。現金実査は、請求・領収書〔控〕と保管現金を照合する方法で行い、その結果、現金(1,000円)が亡失していることが判明した。佐久間病院は、現金亡失について、市長への報告を行っていない。

新法人設立準備課

〔医療センター〕

1.固定資産について
ア 平成21年度に取得した次に掲げる4件の工事に係る建物付属設備について、帳簿価格はその取得に要した価額とすべきところ、消費税及び地方消費税が含まれた金額で計上されている。

(単位:千円)

No

取得年度

名称

耐用年数

取得価額

522

2009

地震対策工事【2008年度】電気設備工事

15年

10,150

523

2009

地震対策工事【2008年度】機械設備工事

15年

26,530

524

2009

地震対策工事【2008年度】電気設備工事

15年

51,350

525

2009

地震対策工事【2008年度】機械設備工事

15年

76,280

合計

164,310

イ 平成20年度に建物(耐用年数39年)として固定資産台帳に登録された次に掲げる2件の固定資産については、平成21年度に建物付属設備(耐用年数15年)として訂正登録されたが、平成21年度分の減価償却費が計上されていない。

(単位:千円)

No

名称

耐用年数

取得価額

減価償却
不足額
(推定計算)

506

バースセンター整備工事 機械設備工事

15年

182,634

10,848

507

リニアック室改修工事 機械設備工事

15年

7,400

439

〔リハビリ病院〕

1.固定資産台帳に掲載された次に掲げるギブスカッターについて、耐用年数を5年とすべきところを3年としている。

(単位:円)

科目

No

取得年度

名称

耐用年数

取得価額

帳簿価額

機械備品

545

2009

ギブスカッター

3年

154,100

154,100

●行政監査

事項名:公用車の安全運転管理

保健総務課

1.平成22年7月1日及び同年10月22日の勤務時間中に、職員の過失による公用車での物損事故(物件損害)が発生した。
職員の過失により市の財産に損害を与えた行為であることから、日々の職員に対する注意の喚起や職場研修を実施することにより、職員に安全運転について再認識させ、このようなことが二度と起こらないよう安全運転管理を徹底されたい。

商工部

財務に係る事務の執行として収入・支出事務、補助金交付事務、業務委託等契約事務及び財産管理事務を主眼に調査した結果、これらの事務はおおむね適正に処理されていると認められた。

農林水産部

財務に係る事務の執行として収入・支出事務、補助金交付事務、業務委託等契約事務及び財産管理事務を主眼に調査した結果、これらの事務はおおむね適正に処理されていると認められた。なお、一部において次のとおり是正・改善を要する事項が見受けられた。

●財務監査

食肉地方卸売市場

1.平成22年11月30日現在、納期限後20日を経過して収入された平成22年度市場冷蔵庫使用料2件、14,560円について、督促状を発していない。

北部農業事務所

1.前年度から引き続いている農道占用料の納期限は、浜松市法定外道路管理条例により、当該年度の4月30日と定められているが、平成22年度分の19件、43,302円について、平成22年9月30日としている。

2.前年度から引き続いている農林施設使用料の納期限は、浜松市土地改良財産の目的外使用に関する使用料条例により、当該年度の4月30日と定められているが、平成22年度分の70件、244,917円について、平成22年9月30日等としている。

3.市有財産に係る平成22年度の貸付料364,000円(土地139,000円、建物225,000円)について、貸付期間の初日である平成22年4月1日に収入調定をすべきであるが、平成22年8月10日に行っており、収入調定が遅延している。

土木部

財務に係る事務の執行として収入・支出事務、補助金交付事務、業務委託等契約事務及び財産管理事務を主眼に調査した結果、これらの事務はおおむね適正に処理されていると認められた。

建築住宅部

財務に係る事務の執行として収入・支出事務、補助金交付事務、業務委託等契約事務及び財産管理事務を主眼に調査した結果、これらの事務はおおむね適正に処理されていると認められた。

緊急経済対策事業本部

財務に係る事務の執行として支出事務を主眼に調査した結果、これらの事務はおおむね適正に処理されていると認められた。

西区役所

財務に係る事務の執行として収入・支出事務、補助金交付事務、業務委託等契約事務及び財産管理事務を主眼に調査した結果、これらの事務はおおむね適正に処理されていると認められた。なお、一部において次のとおり是正・改善を要する事項が見受けられた。

●財務監査

まちづくり推進課

1.道路占用料の取扱いにおいて、次のような不適正な事実が確認された。

ア 平成22年11月30日現在、納期限後20日を経過している収入未済が1件、2,400円発生しているが、督促状を発していない。

イ 前年度から引き続いている占用に係る占用料の納期限は、浜松市道路占用料徴収条例により、当該年度の4月30日と定められているが、平成22年度分の占用料73件、5,383,541円について、平成22年5月28日等としている。

ウ 前年度から引き続いている占用に係る占用料について、平成22年11月30日現在、納期限後20日を経過して収入されたものが5件、284,420 円あるが、督促状を発していない。

2.河川占用料の取扱いにおいて、次のような不適正な事実が確認された。

ア 平成22年11月30日現在、納期限後20日を経過している収入未済が1件、500円発生しているが、督促状を発していない。

イ 前年度から引き続いている占用に係る占用料の納期限は、浜松市準用河川流水占用料等徴収条例又は浜松市普通河川条例により、当該年度の4月30日と定められているが、平成22年度分の河川占用料95件、2,672,062円について、納期限を平成22年5月14日としている。

ウ 前年度から引き続いている占用に係る占用料について、平成22年11月30日現在、納期限後20日を経過して収入されたものが6件、97,740 円あるが、督促状を発していない。

北区役所

財務に係る事務の執行として収入・支出事務、補助金交付事務、業務委託等契約事務及び財産管理事務を主眼に調査した結果、これらの事務はおおむね適正に処理されていると認められた。なお、一部において次のとおり是正・改善を要する事項が見受けられた。

●財務監査

まちづくり推進課

1.道路占用料の取扱いにおいて、次のような不適正な事実が確認された。

ア 平成22年12月31日現在、納期限後20日を経過している収入未済が15件、161,158円発生しているが、督促状を発していない。

イ 前年度から引き続いている占用に係る占用料の納期限は、浜松市道路占用料徴収条例により、当該年度の4月30日と定められているが、平成22年度分の210件、49,046,645円について、平成22年8月31日等としている。

ウ 前年度から引き続いている占用に係る占用料について、平成22年12月31日現在、納期限後20日を経過して収入されたものが7件、37,265円あるが、督促状を発していない。

2.河川占用料の取扱いにおいて、次のような不適正な事実が確認された。

ア 平成22年12月31日現在、納期限後20日を経過している収入未済が2件、6,600円発生しているが、督促状を発していない。

イ 前年度から引き続いている占用に係る占用料の納期限は、浜松市準用河川流水占用料等徴収条例又は浜松市普通河川条例により、当該年度の4月30日と定められているが、平成22年度分の257件、2,932,925円について、平成22年8月4日等としている。

ウ 前年度から引き続いている占用に係る占用料について、平成22年12月31日現在、納期限後20日を経過して収入されたものが27件、519,820円あるが、督促状を発していない。

三ヶ日地域自治センター地域振興課

1.平成21年度浜松市三ヶ日地区環境美化推進活動費補助金について、実績報告書は平成22年4月2日に提出されているが、補助事業の完了に伴う履行確認を平成21年度の末日までに行っていない。

天竜区役所

財務に係る事務の執行として収入・支出事務、補助金交付事務、業務委託等契約事務及び財産管理事務を主眼に調査した結果、これらの事務はおおむね適正に処理されていると認められた。なお、一部において次のとおり是正・改善を要する事項が見受けられた。

●財務監査

まちづくり推進課

1.道路占用料の取扱いにおいて、次のような不適正な事実が確認された。

ア 平成22年12月31日現在、納期限後20日を経過している収入未済が1件、3,080円発生しているが、督促状を発していない。

イ 前年度から引き続いている占用に係る占用料の納期限は、浜松市道路占用料徴収条例により、当該年度の4月30日と定められているが、平成22年度分の61件、4,348,662円について、平成22年5月31日等としている。

ウ 前年度から引き続いている占用に係る占用料について、平成22年12月31日現在、納期限後20日を経過して収入されたものが1件、12,600円あるが、督促状を発していない。

1.河川占用料の取扱いにおいて、次のような不適正な事実が確認された。

ア 平成22年12月31日現在、納期限後20日を経過している収入未済が1件、23,400円発生しているが、督促状を発していない。

イ 前年度から引き続いている占用に係る占用料の納期限は、浜松市準用河川流水占用料等徴収条例又は浜松市普通河川条例により、当該年度の4月30日と定められているが、平成22年度分の36件、

1,596,090円について、平成22年5月31日等としている。

ウ 前年度から引き続いている占用に係る占用料について、平成22年12月31日現在、納期限後20日を経過して収入されたものが2件、19,880円あるが、督促状を発していない。

水窪地域自治センター地域振興課

1.平成22年12月31日現在、納期限後20日を経過している水窪小学校体育館使用料及び水窪小学校運動場夜間照明使用料の収入未済8件、27,600円について、督促状を発していない。

●行政監査

事項名:公用車の安全運転管理

龍山地域自治センター地域振興課

1.平成21年6月19日及び平成22年4月28日の勤務時間中に、職員の過失による公用車での物損事故(物件損害)が発生した。

全市を挙げて、交通事故撲滅に取り組んでいる中、職員の過失による公務上の交通事故は、市の信用を著しく損なう行為であることから、日々の職員に対する注意の喚起や職場研修を実施することにより、職員に安全運転について再認識させ、このようなことが二度と起こらないよう安全運転管理を徹底されたい。

会計管理者

財務に係る事務の執行として収入・支出事務、補助金交付事務、業務委託等契約事務及び財産管理事務を主眼に調査した結果、これらの事務はおおむね適正に処理されていると認められた。

消防

財務に係る事務の執行として収入・支出事務、補助金交付事務、業務委託等契約事務及び財産管理事務を主眼に調査した結果、これらの事務はおおむね適正に処理されていると認められた。なお、一部において次のとおり是正・改善を要する事項が見受けられた。

●財務監査

西消防署

1.平成21年度消防団員退職報償金において、対象となる浜松市消防団西区支団員のうち、1人分の支給額を、勤務年数区分の適用誤りにより、本来支給すべき115,000円ではなく、86,000円としている。

●行政監査

事項名:不祥事の発生の再発防止に向けた公務員倫理の徹底

消防総務課

1.平成22年度において発生した消防局職員による児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反事件は、率先して法令を遵守し、倫理を保持すべき地方公務員としてあるまじき行為である。

このような不祥事は、市民の信頼を著しく損ない、市行政に重大な影響を及ぼしたと認められる。失った信頼の回復に向けては、厳正な服務規律の確保による不祥事の再発の防止が強く求められるため、これまで以上に実効性が高い取組や指導の徹底を図る必要がある。
ついては、既に実施している職員研修や職場研修の効果を検証する中で、公務員倫理意識及び法令順守を徹底されたい。

上下水道部

財務に係る事務の執行として収入・支出事務、補助金交付事務、業務委託等契約事務及び財産管理事務を主眼に調査した結果、これらの事務はおおむね適正に処理されていると認められた。なお、一部において次のとおり是正・改善を要する事項が見受けられた。

●財務監査

上下水道総務課

1 固定資産について

ア 大原浄水場中間処理施設について、平成22年3月に撤去工事が完了しているが、除却処理をしていない。

イ 備品等のうち、取得価額10万円以上のものは、固定資産として計上すべきと規定されているが、1台当たりの取得価額が10万円未満となるポータブル残留塩素計15台(1台当たり76,666円・大原浄水場所管)について、固定資産として計上している。

ウ 平成21年度に購入した「西伊場町下水道本管維持管理用地(1,921.25平方メートル)」について、固定資産台帳に取得価額25,301,115円で計上すべきところ、入力誤りにより取得価格25,300,575円で計上されている。

エ 中部浄化センターにあるカウンター式空気清浄器4台を固定資産として計上しているが、うち1台は処分しているにもかかわらず除却処理をしていない。
また、同浄化センターにある次に掲げるポータブル自動採水器2台及び自動採水器1台について、備品シールが貼付されていないため、固定資産台帳と現物の照合が明確にできない。

*財産シールが貼付されていない資産

資産ID

科目

取得年度

名称

数量

L142

工具器具備品

平成2年度

ポータブル自動採水器

1台

L143

工具器具備品

平成2年度

ポータブル自動採水器

1台

L150

工具器具備品

平成3年度

自動採水器

1台

農業委員会事務局

財務に係る事務の執行として支出事務、業務委託等契約事務及び財産管理事務を主眼に調査した結果、これらの事務はおおむね適正に処理されていると認められた。

戻る次へ

監査のトップに戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所監査事務局 

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2391

ファクス番号:050-3730-5218

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?