ホーム > 市政情報 > 監査 > 監査結果に基づく措置 > 監査結果に基づく措置(平成23年2月17日)

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

監査結果に基づく措置(平成23年2月17日)

企画部

財政援助団体監査

●企画課(平成21年度浜松市天竜浜名湖鉄道経営助成費補助金)

・企画部企画課の事務に関する事項

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成22年11月18日)

ア 補助金の交付変更申請について

平成22年3月2日付け補助金交付変更決定と、平成22年3月31日付け補助事業完了報告の補助対象経費について、施設整備に要する経費及び経常損失の計算上生じた損失額に相当する経費が相違している。
これは、施設整備事業費が変更になったことにより、施設整備に要する経費から経常損失の計算上生じた損失額に相当する経費に、709,892円対象経費配分の変更をしたにもかかわらず、補助金交付変更申請書が提出されていないことによるものである。
浜松市天竜浜名湖鉄道経営助成費補助金交付要綱第6条では、補助金の交付決定を受けた者は、当該補助金の交付決定に係る事業内容の変更をしようとするときは、補助金交付変更申請書に、同要綱別表1に掲げる書類のうち変更に関係する書類、その他市長が必要と認める書類を添えて市長に提出しなければならないとしている。
当該補助金の交付決定に係る事業内容の変更をするときは、同交付要綱に基づき補助金交付変更申請をするよう団体を指導されたい。

平成22年3月2日付け補助金交付変更決定

項目

補助額

施設整備補助金

100,389,000

内訳

高度化事業

45,889,000

施設整備事業費

54,500,000

運営費補助金

191,611,000

292,000,000

平成22年3月31日付け補助事業完了報告書

項目

補助額

施設整備補助金

99,679,108

内訳

高度化事業

45,179,108

施設整備事業費

54,500,000

運営費補助金

192,320,892

292,000,000

【措置】

(報告年月日:平成22年12月1日)

今後、事業内容の変更をするときは、浜松市天竜浜名湖鉄道経営助成費補助金交付要綱に基づき適正に処理するよう団体を指導しました。

・天竜浜名湖鉄道株式会社の事務に関する事項

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成22年11月18日)

ア 補助金の交付変更申請について

平成22年3月2日付け補助金交付変更決定と、平成22年3月31日付け補助事業完了報告の補助対象経費について、施設整備に要する経費及び経常損失の計算上生じた損失額に相当する経費が相違している。
これは、施設整備事業費が変更になったことにより、施設整備に要する経費から経常損失の計算上生じた損失額に相当する経費に、709,892円対象経費配分の変更をしたにもかかわらず、補助金交付変更申請書が提出されていないことによるものである。
浜松市天竜浜名湖鉄道経営助成費補助金交付要綱第6条では、補助金の交付決定を受けた者は、当該補助金の交付決定に係る事業内容の変更をしようとするときは、補助金交付変更申請書に、同要綱別表1に掲げる書類のうち変更に関係する書類、その他市長が必要と認める書類を添えて市長に提出しなければならないとしている。
当該補助金の交付決定に係る事業内容の変更をするときは、同交付要綱に基づき、補助金交付変更申請をされたい。

平成22年3月2日付け補助金交付変更決定

項目

補助額

施設整備補助金

100,389,000

内訳

高度化事業

45,889,000

施設整備事業費

54,500,000

運営費補助金

191,611,000

292,000,000

平成22年3月31日付け補助事業完了報告書

項目

補助額

施設整備補助金

99,679,108

内訳

高度化事業

45,179,108

施設整備事業費

54,500,000

運営費補助金

192,320,892

292,000,000

【措置】

(報告年月日:平成22年12月1日)

指摘事項について、天竜浜名湖鉄道株式会社に対し指導を行なった結果、次のとおり是正の報告があり、その内容を確認しました。
今後、事業内容の変更をするときは、浜松市天竜浜名湖鉄道経営助成費補助金交付要綱に基づき適正な処理をいたします。

健康医療部

随時監査

●佐久間病院

〔病院事業会計〕

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年5月25日)

退職給与金を浜松市一般会計から支払っており、病院事業会計で負担していないため、退職給与引当金を計上していない。また、平成20年度決算及び平成21年度予算への措置もしていない。
このため、次のア及びイの合計額を退職給与引当金に計上するよう是正されたい。

ア 在職する職員の退職手当支給見込額の内、当該年度の負担に属する額を、毎年度一定の基準で見積り、費用計上する。

イ 在職する職員の退職手当支給見込額のうち、過年度の負担に属する額であるにもかかわらず、退職給与引当金に未計上となっている額を見積り、毎年度一定の基準で費用計上する。

【措置】

(報告年月日:平成22年11月22日)

佐久間病院職員の退職給与金について、平成21年度から病院事業会計で負担することとしました。
平成21年度末に退職した職員に対する退職給与金は、平成21年度2月補正予算にて予算措置をし、費用計上をしました。
また、在職する職員の退職給与金支給見込額のうち、過年度の負担に属する額であるにもかかわらず、退職給与引当金に未計上となっている額について、見積りをし、年度初めにおける未計上額を平成21年度から15年かけて積み立てをします。

商工部

財務監査

●産業政策課

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年9月4日)

郵券について、前年度からの繰越高が著しく多く、予算の効率的な執行をしていないので、年間使用数量に応じた計画的な購入をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成22年11月18日)

平成21年12月25日付けで調達課へ不要郵券の所管替えを行いました。今後は、各施設担当者との連絡を密にし、使用量に応じた計画的な購入に努めます。

農林水産部

財務監査

●天竜森林事業所(旧天竜区役所森林整備課)

【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年9月4日)

林業振興事業費補助金(森林動物被害対策事業)について、事業終了後に申請書と実績内訳が提出されているので、交付要綱に基づき、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成22年12月28日)

森林動物被害対策事業については、業務の実態から、森林動物被害申請により捕獲した捕獲量に応じた報奨金の支払が適正であると判断し、平成22年度からこれまでの補助金に変えて、報奨金により実施することとしました。

土木部

工事監査

●南土木整備事務所

工事名:平成21年度市単独港湾恒久化整備事業 坪井プレジャーボート恒久化施設整備工事

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成22年11月18日)

「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」第11条に規定する発注者が提出すべき通知(建築物の構造、工事着手の時期、分別解体の計画など)が行われていない。

【措置】

(報告年月日:平成22年11月29日)

工事着手前に提出すべき通知を怠ったため、本来提出すべき通知書に代えて、「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」第42条第1項の規定に基づき、報告書を西区役所まちづくり推進課へ提出しました。

工事名:平成21年度市単独港湾恒久化整備事業 馬郡プレジャーボート恒久化施設整備工事

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成22年11月18日)

「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」第11条に規定する発注者が提出すべき通知(建築物の構造、工事着手の時期、分別解体の計画など)が行われていない。

【措置】

(報告年月日:平成22年11月29日)

工事着手前に提出すべき通知を怠ったため、本来提出すべき通知書に代えて、「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」第42条第1項の規定に基づき、報告書を西区役所まちづくり推進課へ提出しました。

2【指摘事項】

(指摘年月日:平成22年11月18日)

プレキャストL型擁壁について、レベルによる測定を行った結果、擁壁の天端高さ、法線は良好に施工されていたが、目地の一部で開きが5mm以上の箇所が見られたので、隙間から土砂が漏れ出さないよう補修されたい。

【措置】

(報告年月日:平成22年11月29日)

目地の開きが5mm以上の箇所に対し、モルタルによる間詰め処理を行い、土砂の流出を抑止しました。

浜北区役所

財政援助団体監査

●まちづくり推進課(平成20年度浜北区中小企業団体等事業費補助金)

・浜北区役所産業振興課の事務に関する事項

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成22年2月19日)

補助金交付申請書及び実績報告書について、補助対象事業、補助事業の経費の配分及び補助金算出基礎が記載されていないので、適正に書類を作成するよう団体を指導されたい。

【措置】

(報告年月日:平成22年12月10日)

浜北商工会に対し、平成20年度の補助対象事業、補助事業の経費の配分及び補助金算出基礎が分かる関係資料を提出させました。
また、平成21年度からは、新たに制定した浜松市中小企業活性化対策事業費補助金交付要綱に基づき、適正な事務処理を行うよう指導し、補助金交付申請書及び実績報告書に、補助対象事業、補助事業の経費の配分及び補助金算出基礎を記載させました。

・浜北商工会の事務に関する事項

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成22年2月19日)

補助金交付申請書及び実績報告書について、補助対象事業、補助事業の経費の配分及び補助金算出基礎が記載されていないので、浜松市補助金交付規則及び浜北区中小企業団体等事業費補助金交付要綱に基づき、適正な書類を作成されたい。

【措置】

(報告年月日:平成22年12月10日)

指摘事項について、浜北商工会に対し指導を行った結果、次のとおり是正の報告があり、その内容を確認しました。
平成20年度の補助金交付申請書及び実績報告書について、記載のなかった補助対象事業、補助事業の経費の配分及び補助金算出基礎に係る資料を作成し提出しました。
また、平成21年度からは、新たに制定した浜松市中小企業活性化対策事業費補助金交付要綱に基づき、適正な事務処理を行うよう指導し、補助金交付申請書及び実績報告書に、補助対象事業、補助事業の経費の配分及び補助金算出基礎を記載しました。

目次へ

←監査のトップに戻る 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所監査事務局 

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2391

ファクス番号:050-3730-5218

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?