ホーム > 市政情報 > 監査 > 監査結果に基づく措置 > 監査結果に基づく措置(平成21年9月4日)

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

監査結果に基づく措置(平成21年9月4日)

企画部

行政監査

国際課

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年5月25日)

平成20年度国際交流団体補助金(雄踏町国際交流協会)について、交付決定しているが、支出負担行為をしていないので、浜松市予算の編成及び執行に関する規則に基づき、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月2日)

交付決定額に基づき、直ちに支出負担行為をいたしました。
今後は、浜松市予算の編成及び執行に関する規則に基づき、適正な事務処理を行います。

市民協働推進課

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年5月25日)

郵券及び報償費で購入した指定物品に係る物品出納簿について、物品出納員が確認をしていないので、浜松市物品管理規則に基づき、適正な物品の出納及び保管をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月19日)

物品出納員による確認を行い、確認印を押印しました。
今後は、浜松市物品管理規則に基づき、適正な事務処理を行います。

財務部

財務監査

財政課

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年2月20日)

郵券の保管場所について、鍵の掛かる鉄庫等に保管していないので、浜松市物品管理規則に基づき、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年4月1日)

郵券について、鍵の掛かる鉄庫へ保管しました。
今後は、浜松市物品管理規則に基づき、郵券の適正な管理及び事務処理を行います。

管財課

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年2月20日)

土地貸付料等の財産収入調定書について、納付書・納入通知書発行日及び納入期限を記載していないので、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年4月1日)

今後は、収入調定書に納付書・納入通知書発行日及び納入期限を記載するよう改め、適正な収入事務処理を行います。

2【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年2月20日)

郵券に係る物品出納簿について、物品出納員が確認していないので、浜松市物品管理規則に基づき、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年4月1日)

物品出納員による確認を行い、確認印を押印いたしました。
今後は、浜松市物品管理規則に基づき、郵券の適正な管理及び事務処理を行います。

課税管理課

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年2月20日)

郵券に係る物品出納簿について、物品出納員が確認をしていないので、浜松市物品管理規則に基づき、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年4月1日)

物品出納員による確認を行い、確認印を押印いたしました。
今後は、浜松市物品管理規則に基づき、適正な事務処理を行います。

納税課

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年2月20日)

平成17年度過年度支出の還付金の一部返還金等が収入されているが、収納金日計簿を作成していないので、浜松市会計規則に基づき、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年4月1日)

今後は、浜松市会計規則に基づき、適正な事務処理を行います。

2【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年2月20日)

記念品として報償費で購入している物品について、物品出納簿を作成していないので、浜松市物品管理規則に基づき、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年4月1日)

物品出納簿を作成しました。
今後は、浜松市物品管理規則に基づき、適正な事務処理を行います。

3【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年2月20日)

郵券に係る物品出納簿について、物品出納員が確認していないので、浜松市物品管理規則に基づき、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年4月1日)

物品出納員による確認を行い、確認印を押印いたしました。
今後は、浜松市物品管理規則に基づき、適正な事務処理を行います。

4【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年2月20日)

会計管理者から交付を受けたつり銭について、つり銭資金整理簿を作成していないので、浜松市会計規則に基づき、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年4月1日)

つり銭資金整理簿を作成しました。
今後は、浜松市会計規則に基づき、適正な事務処理を行います。

5【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年2月20日)

80円切手104万円分の郵券について、事前に物品購入回議書による物品 管理者である課長の決裁を得ることなく、平成20年7月23日に購入しているので、浜松市物品管理規則に基づき、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年4月1日)

物品管理者が、漏れなく物品購入回議書により決裁いたしました。
今後は、浜松市物品管理規則に基づき、適正な事務処理を行います。

債権回収対策課

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年2月20日)

郵券の一部について、使用枚数の記載漏れにより、保管枚数が物品出納簿と一致していないので、浜松市物品管理規則に基づき、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年4月1日)

記載が漏れていた日の使用枚数を物品出納簿に記載し、保管枚数と物品出納簿との一致を確認しました。
今後は、浜松市物品管理規則に基づき、適正な物品の出納及び管理を行います。

行政監査

事項名:市税等の滞納整理事務
納税課

1 【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年2月20日)

平成14年度から平成17年度の市税等の滞納整理事務に関し、元納税課職員による公金の横領事件が発生した。これは、現金で領収した市税等に係る事務処理のチェック体制の不備が事件発生の一因であると考えられる。
市職員の公金の横領は、市の信用を著しく損なうものであり、今後、二度と同様の事件が発生しないよう、法令遵守、倫理観の醸成等の徹底を図る職員教育を実施するとともに、現金領収に係る事務処理のチェック体制を見直し、再発防止に努められたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年4月1日)

今回のような不祥事が二度と起こらないよう、市民の皆様からの信頼回復と職員の綱紀粛正を徹底するため、次の措置を講じました。

(1) 現金領収時には出納員領収書を発行し、納税者及び納税課職員の双方が領収内容を明確に確認できるようにしました。

(2) 受託証書、出納員領収書の保管を徹底するとともに、日常の使用・返還時の確認を厳格に行うこととしました。

(3) 現金の取扱いは複数の職員が行い、取扱者以外の職員が確認することを徹底しました。

(4) 現金の訪問領収から自主納付を推進することへの納税者の理解を深めるとともに、口座振替の推進やコンビニ納付の拡大など納税環境の整備に努めることとしました。

(5) 公務員、納税職員としての意識を改めて確認するため、事件の経過を説明するとともに、高次の倫理観の意識保持が求められていることを説明しました。

以上のようなことに加え、今後も、公平公正な税務事務の実施と公務員意識の保持を実現するため、職場内・職場外の研修を実施していきます。

こども家庭部

財務監査

保育課

1 【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年5月25日)

郵券について、前年度からの繰越高が著しく多く、予算の効率的な執行をしていないので、年間使用数量に応じた計画的な購入をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月12日)

過多になっている郵券については、郵送時に後納郵便ではなく郵券を使用することで、予算の効率的な執行を図りました。
今後は、郵券の年間使用数量に応じた計画的な購入を行います。

健康医療部

公の施設の指定管理者監査

新法人設立準備課(県西部浜松医療センター及び浜松市リハビリテーション病院)

・健康医療部健康医療課の事務に関する事項

1 【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年2月20日)

県西部浜松医療センター(以下「医療センター」という。)及び浜松市リハビリテーション病院(以下「リハビリ病院」という。)において、管理に関する業務の実施状況に関する事業報告書について、指定管理者から提出されていないので、基本協定書に基づき提出するよう指定管理者を指導されたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年8月12日)

利用状況の報告の他、基本協定書に基づいて事業報告をするよう指導いたしました。

2 【指摘事項】

(指摘年月日:平成21年2月20日)

医療センターにおいて、業務の一部を第三者に実施させる場合について、一部の業務が事前承諾を受けていないので、基本協定書に基づき事前に承諾を受けるよう指導監督をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年8月12日)

基本協定書に基づき、事前承諾を受けるよう指導いたしました。

・財団法人浜松市医療公社の事務に関する事項

1 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年2月20日)

賞与の支給繰延分について
平成18年12月の賞与支給分のうち、一部の額について支給が繰り延べられており、19年3月給与及び19年6月賞与に上乗せされて支給されている。
平成18年12月1日付けの労働組合との協約書では「3.減額分の返還について」において「・・・減額分については、公社の経営が改善され、これを返還しても公社運営に支障がないと判断された時期に、労働組合と協議のうえ返還するものとする。」と記載されており、公社が返還債務を負っている。
この支給繰延分(返還債務)のうち、6月支給額については、18年12月時点で支給予定額が確定していることから、決算時点において、「未払給与(賞与)」として計上されるべきであった。

未払計上すべき金額

医療センター

79,527,950円

リハビリ病院

16,761,100円

合計

96,289,020円

上記の未払賞与に対する社会保険料の事業主負担分の概算額についても、「未払給与(法定福利費)」として計上されるべきであった。
なお、社会保険料の概算額については、支給予定額の11.5%を概算計上とする。

未払計上すべき金額

医療センター

9,145,714円

リハビリ病院

1,927,527円

合計

11,073,241円

【措置】

(報告年月日:平成21年8月12日)

指摘事項について、財団法人浜松市医療公社に対し、指導を行った結果、次のとおり是正の報告があり、その内容を確認しました。(以下(15)まで同じ。)
今後、賞与の支給繰延分が生じた場合には、「未払給与」として整理することとします。

2 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年2月20日)

給与の支給繰延分について
一部の役員(4人)に対する、平成18年12月から、平成19年6月までの給与について、一定額の減額が行われ、当該減額分は、19年6月の賞与支給時において、一括支給されており、会計上の費用処理も19年6月において行われている。
本来、18年12月から19年3月までの減額分については、19年6月に支給が予定されているため、決算時点において、「未払給与」として計上されるべきであった。

《医療センター分のみ》

未払計上すべき金額

未払給与(給与の繰延分)

7,797,408円

【措置】

(報告年月日:平成21年8月12日)

今後、給与の支給繰延分が生じた場合には、「未払給与」として整理することとします。

3 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年2月20日)

3月の時間外勤務手当等について、決算上の未払計上がされていない。

《医療センター分のみ》

未払計上すべき金額

平成18年3月期

57,832,850円

平成19年3月期

57,421,684円

【措置】

(報告年月日:平成21年8月12日)

平成20年度決算において、未払計上しました。

4 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年2月20日)

3月分の社会保険料について、決算上の未払計上がされていない。

 

医療センター

リハビリ病院

合計

平成18年3月期

43,874,833円

6,462,078円

50,336,911円

平成19年3月期

53,747,806円

7,827,226円

61,575,032円

【措置】

(報告年月日:平成21年8月12日)

平成20年度決算において、未払計上しました。

5 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年2月20日)

臨時職員に対する給与について、決算上の未払計上がされていない。
臨時職員の給与の支給対象期間は、前月11日~当月10日までの期間に対応する金額を、当月の20日に支給している。
そのため、会計上は、4月の支給額の3分の2を、未払計上することが考えられる。

医療センター

リハビリ病院

合計

平成18年3月期

8,034,969円

705,897円

8,740,866円

平成19年3月期

8,498,403円

872,686円

9,371,089円

【措置】

(報告年月日:平成21年8月12日)

平成20年度決算において、未払計上しました。

6 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年2月20日)

3月末日の診療報酬等の窓口入金額
診療報酬等の窓口入金額はその日のうちに、預金入金すべく委託会社に預けているが、実際の預金入金は翌日付であり、その現金は医療公社にも病院事業会計にも計上されないままとなっている。この金額は医療公社において診療報酬等預り金として、帳簿に計上すべきである。

計上すべき金額

医療センター

6,927,991円

リハビリ病院

821,285円

合計

7,749,276円

【措置】

(報告年月日:平成21年8月12日)

3月末日の診療報酬等の窓口入金分は、預り金として帳簿管理をいたしました。

7 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年2月20日)

預り金精算漏れ
医療センターの預り金残高のうち、普通預金利息8,022円、公衆電話料89,653円、合計97,675円は雑収入に計上すべきである。

【措置】

(報告年月日:平成21年8月12日)

平成20年度決算において、雑収入として処理しました。

8 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年2月20日)

雇用保険料預り金
雇用保険料の支払額は事業主負担分を法定福利費、従業員負担分は預り金(または立替金)として処理すべきであるが、各年度での最終支払月である11月の末日時点で預り金残高がゼロとなるよう、支払額の一部を預り金に計上し、残額を法定福利費で処理している。結果として、決算では、あるべき預り金(または立替金)残高との差額だけ法定福利費計上額が過大(預り金残高過大)になっている。今後は支払額を正しく事業主負担分を法定福利費、従業員負担分を預り金(または立替金)に計上すべきである。

決算残高(預り金)

あるべき残高

訂正すべき金額

平成18年3月期

20,961,579円

3,595,615円

17,365,964円

平成19年3月期

20,078,784円

552,308円

20,631,092円

【措置】

(報告年月日:平成21年8月12日)

平成20年度決算においては、雇用保険料の支払額は事業主負担分を法定福利費、従業員負担分は預り金として処理いたしました。

9【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年2月20日)

基本財産等の科目名について
基本財産は現在、貸借対照表の「無形固定資産」として計上されているが、その中味は国債500,000,000円と定期預金5,000,000円である。無形固定資産ではなく、基本財産の科目に「投資有価証券」・「定期預金」として計上すべきである。
また、敷金についても「その他固定資産」として計上すべきである。

【措置】

(報告年月日:平成21年8月12日)

平成20年度決算においては、基本財産の科目に、国債は「投資有価証券」、定期預金は「定期預金」として計上し、敷金は「その他固定資産」として計上いたしました。

10【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年2月20日)

無形固定資産の医師・看護師住宅支払敷金について、固定資産台帳を作成し管理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年8月12日)

医師・看護師住宅支払敷金についての固定資産台帳を作成し、台帳により管理しています。

11【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年2月20日)

財団法人浜松市医療公社(以下「医療公社」という。)の経営健全化のための協議が理事会でなされているとの説明があったが、議事録には、その内容が記載されていない。議事に関し、理事の責任関係を明確にする上からも議事の内容が正確に判明されるよう議事録を作成されたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年8月12日)

理事会の議事録については、その内容が明確にわかる議事録を作成しました。

12【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年2月20日)

医療センターの病理部門における劇物等薬品は、鍵付鉄庫の中に保管されているが、従来からの引継薬品が主なものであり、ほとんど使用がなされていない。また、これらの在庫管理については、管理一覧表と現物の照合ができないものが見受けられたので、管理の徹底を図られたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年8月12日)

管理一覧表と現物の照合を行い、管理一覧表における不整合箇所を整理し直し、適正な管理といたしました。

13【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年2月20日)

医療センター及びリハビリ病院において、管理に関する業務の実施状況に関する事業報告書について、市への提出がされていないので、基本協定書に基づき提出されたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年8月12日)

管理に関する業務の実施状況に関する事業報告書については、基本協定書に基づき提出いたしました。

14【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年2月20日)

医療センターにおいて、業務の一部を第三者に実施させる場合について、一部の業務が事前承諾を受けていないので、基本協定書に基づき事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年8月12日)

業務の一部を第三者に実施させる場合は、基本協定書に基づき事前承諾を受けました。

15【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年2月20日)

リハビリ病院では、郵便切手の管理について出納簿に使用実績は記録されているが、受入数及び残高の記載がないので、これらを記載し適正な在庫管理をされたい。
また、医療センターでは、印紙、郵便切手についての出納簿が作成されていないので、受入・払出・残高を記載した出納簿を作成し、適正な在庫管理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年8月12日)

リハビリ病院で使用する郵便切手の出納簿に、受入数及び残高を記録しました。
医療センターで使用する印紙、郵便切手の出納簿を作成し、受入・払出・残高を記録しました。

環境部

財務監査

天竜環境事業所

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年9月4日)

水窪・佐久間クリーンセンター自家用電気工作物の保安管理業務委託について、仕様書に定められている保安業務従事者名が受託者から提出されていないので、契約条項及び仕様書に基づき受託者を指導されたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年5月15日)

受託者を指導し、保安業務従事者名を提出させました。
今後は、契約時の指導及び書類の確認を十分行います。

商工部

財務監査

観光コンベンション課(国民宿舎奥浜名湖)

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年9月4日)

国民宿舎奥浜名湖の収納事務について、現金にて収納した使用料金を翌日までに指定金融機関へ預けていないので、浜松市国民宿舎事業財務規程に基づき、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月5日)

現金にて収納した使用料金については、翌日までに指定金融機関へ預けるようにしました。
今後は、浜松市国民宿舎事業財務規程に基づき、適正な事務処理をいたします。

2 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年9月4日)

未収金について、事業の性格上、翌月に回収されることから、月末残高と当月発生額は一致すべきものであるが、一致していないので、誤謬について調査修正し、今後は浜松市国民宿舎事業財務規程に基づき、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月5日)

未収金については、調査したところ、収入額が不足していたことが判明したので、直ちに徴収しました。
今後は、浜松市国民宿舎事業財務規程に基づき、適正な事務処理をいたします。

3 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年9月4日)

国民宿舎奥浜名湖の建物について、借地上に建てられているが、表示登記等をしていないので、浜松市公有財産管理規則に基づき、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月5日)

建物の表示登記及び所有権保存登記については、平成21年2月5日に手続が終了しました。
今後は、浜松市公有財産管理規則に基づき、適正な事務処理をいたします。

財政援助団体監査

商業政策課 (はままつ冬の蛍フェスタ実行委員会負担金)

・商工部商業政策課の事務に関する事項

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年9月4日)

はままつ冬の蛍フェスタ実行委員会負担金の支出負担行為について、平成20年1月30日で起案決裁行為をしているが、平成19年10月12日開催の同実行委員会で、52,000千円の市負担金額が承認されているので、団体に対し承認後直ちに負担金額が決定した通知文の提出を指導し、浜松市会計規則に基づき適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月9日)

はままつ冬の蛍フェスタ実行委員会負担金について、実行委員会で承認後、直ちに負担金額決定の通知文を提出するよう指導しました。平成20年度については、第2回実行委員会開催後、直ちに負担金額決定の通知文が提出され、商業政策課において遅滞なく支出負担行為を行いました。

2【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年9月4日)

はままつ冬の蛍フェスタ2007イベント事業企画運営業務等について、受託者から契約書に定められた業務責任者等の届出がない。また、シンボルツリー等駅前周辺及び鍛冶町街路樹イルミネーション設置工事等について、受託者から仕様書に定められた業務実施計画書が提出されていないので、適正な事務処理を指導されたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月9日)

提出されていなかったはままつ冬の蛍フェスタ2007イベント事業企画運営業務等の業務責任者、シンボルツリー等駅前周辺及び鍛冶町街路樹イルミネーション設置工事等の業務実施計画書について、直ちに受託者に提出を求めるよう指導しました。

・はままつ冬の蛍フェスタ実行委員会の事務に関する事項

1 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年9月4日)

はままつ冬の蛍フェスタ実行委員会への市負担金について、平成19年10月12日開催の同実行委員会で、52,000千円の負担金額を承認しているので、承認後直ちに負担金額が決定した旨の通知をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月9日)

はままつ冬の蛍フェスタ実行委員会に対し、市負担金について、実行委員会承認後、直ちに通知するよう指導し、平成20年度については、第2回実行委員会開催後、直ちに負担金額決定の通知文が商業政策課あて提出されました。

2 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年9月4日)

はままつ冬の蛍フェスタ2007イベント事業企画運営業務等について、受託者から契約書に定められた業務責任者等の届出がない。また、シンボルツリー等駅前周辺及び鍛冶町街路樹イルミネーション設置工事等について、受託者から仕様書に定められた業務実施計画書が提出されていないので、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月9日)

はままつ冬の蛍フェスタ実行委員会に対し、提出されていなかったはままつ冬の蛍フェスタ2007イベント事業企画運営業務等の業務責任者、シンボルツリー等駅前周辺及び鍛冶町街路樹イルミネーション設置工事等の業務実施計画書について、直ちに受託者に提出を求めるよう指導し、是正されていることを確認しました。

3 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年9月4日)

冬の蛍物語審査選定委員及び冬の蛍物語入賞者への賞金等の領収書について、領収印ではなく署名により事務処理をしている。また、冬の蛍物語入賞者への賞金等について、1人分の領収書が添付されていないので、はままつ冬の蛍フェスタ実行委員会規約に基づき適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月9日)

はままつ冬の蛍フェスタ実行委員会に対し、押印による領収に改めること、不足している1人分の領収書を徴収することを指導し、是正されていることを確認しました。

4 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年9月4日)

冬の蛍物語入選者への賞金用に購入した図書カードについて、物品出納簿が作成されていないので、受入・払出・残高を記載した物品出納簿を作成し、適正な在庫管理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月9日)

はままつ冬の蛍フェスタ実行委員会に対し、物品出納簿を作成し、適正な在庫管理をするよう指導し、平成20年度については、物品出納簿により在庫管理がされていることを確認しました。

5 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年9月4日)

冬の蛍物語応募作品データ入力業務及びゲート型イルミネーション廃棄処分業務の支払について、支払日が請求の日から30日を超えているので、契約書に基づき期限内に支出されたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月9日)

はままつ冬の蛍フェスタ実行委員会に対し、業務の支払について、契約書に定められた期限内に支出するよう指導し、平成20年度については、事業の支払について、契約書に定められた期限内に支出されていることを確認しました。

6 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年9月4日)

請負金額が300万円未満であるシンボルツリー構造体設置工事について、部分払をしているが、特に必要であると認める決裁文書がないので、契約書に基づき、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月9日)

はままつ冬の蛍フェスタ実行委員会に対し、部分払を特に必要と認める決裁文書を添付することを指導し、是正されていることを確認しました。

公の施設の指定管理者監査

産業政策課(浜松市フォルテホール及びフォルテガーデン)

・商工部産業政策課の事務に関する事項

1【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年11月17日)

事業報告書の提出がされていないので、浜松市フォルテホール及びフォルテガーデンの管理に関する協定書に基づき、適正な事務処理をするよう指定管理者を指導されたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月9日)

事業報告書について、指定管理者へ提出するよう指導を行い、提出を受けました。

2【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年11月17)

指定管理者において業務の一部を第三者に委託しているが、市の事前の承諾を受けていないので、浜松市フォルテホール及びフォルテガーデンの管理に関する協定書に基づき、事前に承諾を受けるよう指導監督をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月9日)

指定管理者が業務の一部を第三者へ委託する際には、基本協定書に基づき、書面により市の事前の承諾を受けるよう指導しました。

・浜松都市開発株式会社の事務に関する事項

1 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年11月17日)

事業報告書を提出していないので、浜松市フォルテホール及びフォルテガーデンの管理に関する協定書に基づき、適正な事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月9日)

指定管理者に対し、提出されていない事業報告書を作成、提出するよう指導し、事業報告書の提出を受けました。

2 【指摘事項】

(指摘年月日:平成20年11月17日)

指定管理業務の一部を第三者に委託しているが、市の事前の承諾を受けていないので、浜松市フォルテホール及びフォルテガーデンの管理に関する協定書に基づいた事務処理をされたい。

【措置】

(報告年月日:平成21年6月9日)

指定管理者に対し、業務の一部を第三者へ委託する場合は、事前に市の承諾を受けるよう指導し、平成20年度指定管理事業を行う際に、浜松市フォルテホール及びフォルテガーデンの管理に関する協定書に基づき、業務の一部を第三者委託するものについて、事前に承諾書の提出を受け承諾しました。 

戻る次ページへ

←監査のトップに戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所監査事務局 

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2391

ファクス番号:050-3730-5218

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?