ホーム > 市政情報 > 監査 > 監査結果に基づく措置 > 監査結果に基づく措置(平成18年2月13日)

ここから本文です。

更新日:2013年9月1日

監査結果に基づく措置(平成18年2月13日)

浜松市監査委員告示第3号

地方自治法(昭和22年法律第67号)第199条第12項の規定に基づき措置が講じられたので、次のとおり公表する。

平成18年2月13日 

浜松市監査委員 古橋 勝男

浜松市監査委員 飯尾 浩之

浜松市監査委員 徳増 勝弘

浜松市監査委員 栁川 樹一郎

監査結果に基づく措置

総務部

広聴広報課

1 指摘年月日

平成17年2月14日

2 指摘事項

(1) 広聴集会用液晶プロジェクター等映写機器賃貸借料の支出において、平成16年6月以降の賃貸借料が支出されていないので、請求書を確認し速やかに支出されたい。

(2) 「施設めぐり」実施要綱等事業の実施基準を整備し、この事業の目的と運用について明確にされたい。

3 報告年月日

平成17年11月7日

4 措置

(1)  平成16年6月以降に請求行為がなく未払いとなっていましたが、催促の結果、平成16年10月末までに、平成16年9月分までをすべて支払いました。今後は速やかに請求行為をしてもらうよう契約会社へ指導しました。

(2) 市政に対する広聴活動の手段として実施している「新市めぐり」の実施要領を整備し、目的などを文書化しました。今後は、合併旧12市町村の特色ある施設に市民を案内し、当該施設の概要と各地域における従来の行政の取り組みをはじめ、伝統、文化、産業などの特性を市民に知っていただくことにより、新市の一体感の醸成を図っていきます。

企画部

企画課

1 指摘年月日

平成17年8月26日

2 指摘事項

(1) しずおかユニバーサルデザイン大会並びにはままつユニバーサルデザインフェアを、静岡県及び静岡文化芸術大学と共同開催しているが、開催経費の負担方法については、施行回議書において、その根拠を明確にされたい。

3 報告年月日

平成17年9月8日

4 措置

(1) 浜松市が主催する「はままつユニバーサルデザインフェア」と静岡県が主催する「しずおかユニバーサルデザイン大会」は、相乗効果が期待されることから共同開催することになりましたが、ご指摘のとおり、施行回議書には経緯並びに経費の負担方法の記載が欠落しておりました。今後、開催にあたっては、回議書へは明確に記載をしてまいります。

行政経営課

1 指摘年月日

平成17年8月26日

2 指摘事項

(1) ホームページによる広報の作成にあたっては、ユニバーサルデザインに一層の配慮をし、使用する色がより見やすいものとなるよう努められたい。

3 報告年月日

平成17年9月9日

4 措置

(1) ご指摘の色使いにつきましては、濃い色に変更し、より見やすいものへ改善いたしました。今後は、企画課及び情報政策課との連携を密にし、ユニバーサルデザインに一層配慮したホームページの作成に努めます。

国際課

1 指摘年月日

平成17年8月26日

2 指摘事項

(1) 業務委託契約締結において、予定価格調書の封かん処理がされていないもの、委託業務履行確認の事務処理に不適切なものが散見されたので、手続きに遺漏のないよう適正な事務処理に努められたい。

3 報告年月日

平成17年9月1日

4 措置

(1) 予定価格調書の封かん処理及び委託業務履行確認については、今後、浜松市契約規則に基づき適正な事務処理を行ってまいります。

男女共同参画課

1 指摘年月日

平成17年8月26日

2 指摘事項

(1)  行政財産使用許可申請書及び許可内容の一部が現地使用状況と異なるものがあるので、公有財産管理規則等に基づき、適切な事務処理をされたい。

3 報告年月日

平成17年9月1日

4 措置

(1) 現地使用状況が書類と異なる箇所については、使用実態を調査確認の上、事務処理をいたしました。今後は、使用申請者に対して許可内容に基づいた適切な使用を徹底させるとともに、許可行為の適切な事務処理をするよう徹底いたしました。

政令指定都市推進部

地域自治振興課

1 指摘年月日

平成16年5月6日

2 指摘事項

(1) 業務委託契約書標題部記載内容は遺漏のないよう努められたい。

(2) 政令指定都市移行準備基礎調査業務委託契約の支出負担行為は収入役の合議となるので是正されたい。

3 報告年月日

平成17年10月21日

4 措置

(1) 業務委託契約締結時に確認不足により、業務委託契約書標題部分の契約相手方名称の記載が漏れていましたが、指摘後、直ちに是正いたしました。今後は、業務委託等の契約の締結に際しましては、遺漏のないよう対応します。

(2) 支出負担行為の決裁につきまして、収入役への合議を失念し、指摘後、直ちに収入役に業務内容の説明をし、決裁を得ました。今後は、遺漏のないよう事務処理をいたします。

財政部

財政課

1 指摘年月日

平成16年2月12日

2 指摘事項

(1) 公共用地先行取得事業資金賃貸借契約書は、同契約書第6条に基づき適切に保管をされたい。

3 報告年月日

平成17年10月27日

4 措置

(1) 指摘の契約書の保管については、該当する関係書類と一括して保管するよう適切な処理を行ないました。今後は適切な契約事務にいたします。

調達課

1 指摘年月日

平成16年2月12日

2 指摘事項

(1) 前年度から繰越の郵券が多く見受けられる。当該年度の必要枚数に応じた適正な在庫保有枚数にされたい。

(2) 各課定期監査における業務委託契約事務に係る多くの指摘事項を踏まえ、各課において執行されている業務委託契約事務の状況把握及び指導をより充実させ、各課当該契約事務の適正化を図られたい。

3 報告年月日

平成17年10月19日

4 措置

(1) ご指摘以降の購入はなく、低入札における落札者決定通知等急を要するものに使用し在庫を適正枚数としました。

(2) 平成16年3月、「業務委託の入札及び契約の適正化等を図るための指針」をもとに、事務担当者を対象に説明会を開催し指導しました。また、500万円以上の業務委託の施行に際しては、合議を求め、その都度、不適正なものに対し指導を行っています。

文化・スポーツ振興部

文化政策課

1 指摘年月日

平成16年5月6日

2 指摘事項

(1) 夏休みお楽しみ演劇・人形劇公演委託契約の事務処理に不適切なものが見受けられるので適正な事務処理をされたい。

3 報告年月日

平成17年12月9日

4 措置

(1) 平成16年度は、委託契約の条項の見直しを行い、出演料として処理しました。また、他の委託業務の履行確認についても委託業務完了報告書を作成しました。

市民生活部

国保年金課

1 指摘年月日

平成16年8月25日

2 指摘事項

(1) 保険料収入未済額が多額にあるので、収納率向上のため、納付指導の強化や口座振替の加入促進など、効果的な方策の推進に一層努力されたい。

3 報告年月日

平成17年10月21日

4 措置

(1) 短期被保険者証等の交付時等納付指導や徴収嘱託員の訪問による口座振替加入促進により口座利用については、平成16年度に7,719件の年間新規取扱があり収入金額に占める収納率も0.57%上昇しました。

保健福祉部

生活福祉課

1 指摘年月日

平成16年11月18日

2 指摘事項

(1) 扶助費支出事務において、生活保護法第78条による不正受給について、未然防止を図り適切な指導援助を行うため、その発生原因の把握・分析に努めると同時に実効ある再発防止策を講じることとされたい。

3 報告年月日

平成17年11月14日

4 措置

(1) 発生原因は、就労収入の無申告、過少申告及び年金収入の無申告が主なものでした。再発防止策としまして、生活保護者に対し適切な収入申告の指導、訪問活動による生活実態の把握及び市民税課調査、社会保険事務所等関係機関への照会の徹底を実施しております。

障害福祉課

1 指摘年月日

平成16年11月18日

2 指摘事項

(1) 物品管理事務において、指定物品の管理方法に不適切なものが見受けられるので、適正な管理をされたい。

3 報告年月日

平成17年12月9日

4 措置

(1) バス券、タクシー券の交付状況を把握するため管理簿を作成するとともに、郵券に係る「緊急時使用」等の使用目的を明記できるよう指定物品出納簿使用項目欄の修正を行うなど、浜松市物品管理規則に基づき適正な運用を図るよう是正いたしました。
また、指定物品の管理事務について、課内連絡会において、全課員に対し周知、徹底を図りました。

高齢者福祉課

1 指摘年月日

平成16年11月18日

2 指摘事項

(1) (社)浜松市シルバー人材センター運営資金貸付金の必要性及び額等については、貸付先の収支状況を精査するなど十分検討し決定されたい。

3 報告年月日

平成17年10月25日

4 措置

(1) 運営資金貸付金の目的は、(社)浜松市シルバー人材センターが、年度当初の運転資金を確保するために1,500万円を年利1.5%で貸し付けし、年度末に償還するといった運用を行っています。今回の指摘に基づき、貸付金の必要性等を検討した結果、業績の向上及び金融機関融資の活性化により、市からの貸し付けがなくても十分経営していくことが可能であると判断したことから、平成17年度から運営資金貸付金を廃止しました。

児童家庭課

1 指摘年月日

平成16年11月18日

2 指摘事項

(1) 相談者がより安心して相談できるよう、プライバシーの保護に一層配慮した相談場所の確保について検討をされたい。

3 報告年月日

平成17年10月25日

4 措置

(1) 旧庁舎の取り壊しに伴い、旧庁舎と現本館を結ぶ通路部分を当課の事務スペースとすることができたため、この一角に相談コーナーを設置し、プライバシーの保護に配慮した相談場所を確保しました。

生活衛生課

1 指摘年月日

平成16年8月25日

2 指摘事項

(1) 業務委託契約において、着手届、完了届の事務処理に不適切なものが見受けられるので適正な事務処理をされたい。

(2) 狂犬病予防事務及び収納事務は、私人に委託しているので、地方自治法施行令第158条第2項の規定に基づき見やすい方法により公表されたい。

3 報告年月日

平成17年10月19日

4 措置

(1) 課内において、仕様書に定める様式について契約書に基づき項目を整え、受託者に適正に作成するよう指導し、平成17年度着手届及び平成16年度完了届を受理する際、確認を厳密に行い適正な事務を行いました。

(2) 公示場所を保健所正面入口掲示板にて1か月間公表することにより改善いたしました。

食肉衛生検査所

1 指摘年月日

平成16年8月25日

2 指摘事項

(1) 機器等賃貸借契約において、事務処理に不適切なものが見受けられる。

3 報告年月日

平成17年10月18日

4 措置

(1) 機器等賃貸借契約において、契約等の日時の設定に不適切な事務処理がありましたので、浜松市契約規則等に基づき適正に事務処理をするよう所属職員に周知し、改善いたしました。

環境部

環境企画課

1 指摘年月日

平成17年2月14日

2 指摘事項

(1) 市民マナー条例の市民への周知徹底を図るため、関係部局との連携を深めるなか、条例が一層実効あるものとなるよう広報・啓発活動に努められたい。

3 報告年月日

平成17年11月14日

4 措置

(1) リーフレット配布(旧浜松市内500か所:102,000枚)、駅構内(4駅)及び電車(30両)へのポスター掲出、浜松駅前広場(キタラ)電光掲示板でのPR放送、ケーブルテレビによるPR放送、浜松駅・浜北駅前啓発キャンペーン、小中学校向けポスターコンクール、広報はままつ各総合事務所版への特集記事の掲載等の広報・啓発活動を実施し条例の市民への周知を図りました。

廃棄物対策課

1 指摘年月日

平成15年2月13日

2 指摘事項

(1) 廃棄物処分場における搬入後の廃棄物の処理状況について、周辺生活環境等を考慮し、より一層の指導、監督を行われたい。

3 報告年月日

平成17年12月9日

4 措置

(1) 廃棄物の適正処理を推進するため、処分場への立入調査は年間計画を定め行ってきましたが、特に改善を指導した処分場に対しては、平成14年10月以降特別に監視、指導を続けてきました。これにより、一部の処分場は、現在でも改善作業が進行中でありますが、他の処分場は改善作業が終了しました。また、監視・指導体制の強化・充実のために、本年7月には新たに適正処理指導グループを編成しましたので、今後も積極的に指導・監督を行ってまいります。

廃棄物対策課

1 指摘年月日

平成17年2月14日

2 指摘事項

(1) 産業廃棄物処理業者に対する立入検査の充実を図り、監視・指導の強化に努められたい。

3 報告年月日

平成17年8月10日

4 措置

(1) 産業廃棄物処理業者への立入検査を充実させるため、また、合併による県からの移譲事務に対応するために、本年4月に正規職員を3人増員し、合併した7月にはさらに3人増員したことにより、新たに監視・指導担当として適正処理指導グループを編成し体制を強化しました。今後とも監視・指導の強化・充実に努めてまいります。

商工部

労政課

1 指摘年月日

平成16年5月6日

2 指摘事項

(1) 施設の管理運営業務委託において契約書の委託内容と実際の業務に整合性のないものが見受けられたので、適切な事務処理をされたい。

3 報告年月日

平成17年10月19日

4 措置

(1) 指摘がございました使用料の返還金支出事務につきましては、当初施設予約システムの導入に伴い、返還金事務が発生することを予想し、この取り扱い事務を委託契約の中に取り込みをいたしましたが、実際面におきまして年間の取り扱い件数が微小でありましたため、この手続き事務を中止し、過誤納金還付請求手続きとして労政課所管事務に変更いたしました。これに伴い平成16年度委託契約の中から返還金取り扱い事務を削除いたしました。

公園緑地部

公園建設課

1 指摘年月日

平成17年8月26日

2 指摘事項

(1) 指定物品である郵便切手について、物品出納簿が完備されていないもの、また物品出納簿と現物の残高が相違しているものがあるので、適正な事務処理をされたい。

3 報告年月日

平成17年9月26日

4 措置

(1) 5円切手の物品出納簿が完備されておりませんでしたので、直ちに作成いたしました。また、3月25日に使用した90円(80円切手1枚、10円切手1枚)につきまして、物品出納簿への記載を忘れておりましたので、直ちに処理いたしました。今後は、課員に対して周知徹底を図るとともに、物品出納簿と残高の突合せを定期的に行い、適正管理します。

土木部

道路建設課

1 指摘年月日

平成17年5月6日

2 指摘事項

(1) 見積工事の施工に係る写真管理について、日付の不記載、路盤圧測定値の不明瞭等、工事写真による出来型と品質管理の徹底が不十分と思われるものが見受けられたので、適正な施工管理に努められたい。

3 報告年月日

平成17年11月29日

4 措置

(1) 職員の質の向上のための研修と工事現場実務の手引き(写真管理)に基づき、出来型の確認や品質管理等の現場施工写真の撮り方等を施工業者へ指導し、完成検査時の十分なチェックを行い適正な施工管理を行いました。

建築・住宅部

住宅施策課

1 指摘年月日

(1) 平成14年8月27日

(2) 平成17年5月6日

2 指摘事項

(1) 住宅使用料の収入未済額については、年々増加の傾向にあり、また、金額も多額であるので、事務処理に当たっては内容精査に努めるとともに公平性を失うことのないよう、なお一層の徴収努力を重ねられたい。

(2) 住宅使用料等の収入未済額は、年々増加し、依然として多額となっているので、より一層の徴収努力を重ねられたい。

3 報告年月日

(1) 平成17年12月7日

(2) 平成17年12月7日

4 措置

(1)(2) 住宅使用料の徴収に当たっては、行政経営計画に定めている計画目標を達成するため滞納初期段階における納付指導を強化するとともに、夜間の滞納整理を継続実施し、新たな長期滞納者を作り出さないよう収納率の向上を図り、平成16年度においては、収入未済額を前年度より減少させることができました。また、今年度からは、職員による悪質滞納者に対しての法的措置を実施する予定であり、他の入居者との公平性を逸しないよう、なお一層の努力をしてまいりたいと考えています。

消防本部

総務課

1 指摘年月日

平成16年2月12日

2 指摘事項

(1) 行政財産の目的外使用許可日と収入調定日が一致していないもの及び4月1日付けの使用許可にもかかわらず使用料納入日が3か月後となっているものが見受けられたので適正な事務処理をされたい。

3 報告年月日

平成17年10月24日

4 措置

(1) 平成17年度より、浜松市行政財産の目的外使用に関する使用料条例及び行政財産の使用許可に関する事務処理要領を遵守し、収入調定日及び納入期限について適正な事務処理を行いました。今後についても適正な事務処理を行うよう徹底してまいります。

上下水道部

総務課

1 指摘年月日

平成16年5月6日

2 指摘事項

(1) 賃貸借及び業務委託契約において、施行回議書及び予定価格調書及び支出負担行為回議書等の事務処理に不適切なものが見受けられたので適正な事務処理をされたい。また、上下水道部の各課に対しても、適正な事務処理を図るよう指導を徹底されたい。

(2) 遊休土地については台帳の整備を進め、現状を十分把握するなか、有効利用及び処分をより積極的に図るよう努められたい。

(3) 上下水道部の組織統合により住民サービスの低下や事務事業の処理に混乱を来さないよう十分に事前協議を図られたい。

3 報告年月日

平成17年11月2日

4 措置

(1) 今回の指摘箇所につきましては、訂正処理をいたしました。また、今後の事務処理の適正化を図るため、部内庶務担当者に対し今回ご指摘のありました箇所を含めた説明会を開催いたしました。

(2) 台帳の整備を行い、遊休土地を利用可能(市街化区域)な土地及び利用困難な土地(市街化調整区域等)に区分いたしました。また、利用困難な土地を、売却貸付可能な土地及び売却貸付不可能な土地に区分いたしました。遊休土地の有効利用及び処分については、部内で検討のうえ活用を図ってまいります。

(3) 上下水道部の組織統合は、水道事業と下水道事業を統合し、給水から排水までの一貫した事業を行うことにより「窓口の一本化による市民サービスの向上」と「簡素で効率的な事業運営」をより一層推進することを目的として、平成15年度と平成16年度の2か年をかけて進めてきたものです。平成15年度の組織統合によりまして2部9課ありました組織を1部7課2分室とするなかで、お客さまサービス課を設置するとともに、住吉庁舎における総合案内と、また、市民からの問い合わせや上下水道の使用開始・中止などの届出を一箇所で行うことができる上下水道受付センターを開設しました。水道事業における配水管の建設と維持業務、下水道事業における管きょ等の建設と維持業務を統合しまして、それぞれの事業ごとに同一部署で行うことにより、市民から見て分かりやすい組織としました。平成16年度には、西別館で行っていました下水道業務を住吉庁舎に移転することにより、総務課・お客さまサービス課の完全統合が図られました。また、水道料金と下水道使用料の徴収部門を料金課に統合し、使用水量の検針から料金等の徴収までの集中管理を図るとともに、受益者負担金業務を下水道工事課に移管し、整備に直結した負担を願う点で市民に理解を深めていただけるようにいたしました。これら組織統合につきましては、管理者を座長として設置いたしました「水道事業及び下水道事業組織統合検討会」におきまして、事務事業のすり合わせを行い、事務処理に混乱が生じないように調整を行ってまいりました。また、西別館における業務廃止に伴い、ご利用いただく皆様に支障をきたすことのないよう「広報はままつ」などにより十分な周知を行ってまいりました。

教育委員会
学校教育部

総務課

1 指摘年月日

平成15年11月11日

2 指摘事項

(1) 行政財産の使用許可手続きにおいて、使用料納入通知書の発行が遅れているものが見受けられたので適正な事務処理をされたい。

3 報告年月日

平成17年10月19日

4 措置

(1) 使用料納入通知書を速やかに発行し、行政財産の使用許可手続き及び使用料の収納が適正に行われるよう改善をいたしました。今後も適正な事務処理を行ってまいります。

総務課

1 指摘年月日

平成17年2月14日

2 指摘事項

(1) 予算の執行が効果的にされていない幼稚園があるので、費用対効果を考えた執行をされたい。

(2) 郵券の管理について、施錠可能な鉄庫等への保管がされていないなど、郵券管理が不適正な学校及び幼稚園があるので、換金性があり金銭同等物である郵券の取り扱いについて再認識され、適正な管理を徹底されたい。

(3) 運動場にある体育器具等の転落防止対策が執られていない学校及び幼稚園があるので、直ちに必要な措置を講じ、転落防止等の安全管理を徹底されたい。

3 報告年月日

平成17年9月15日

4 措置

(1) 指摘のありました幼稚園については、発注の前に必要性を十分精査し、複数の業者から見積りを取るなど費用対効果を考えた上での有効な予算執行をするよう是正いたしました。今後は予算の有効活用を図ってまいります。

(2) 郵券の管理につきましては、保管場所を施錠可能な適切な場所とするよう改善し、保有残高が過剰となっていたものや、受払い簿の記載が不適正であったものについても改善いたしました。今後は取り扱いについて十分注意し、適正に管理してまいります。

(3) 転倒防止対策が不十分であったものは、固定のために必要な器具を設置し、腐食が進行して危険なものについては器具の修繕をするなど安全対策を図りました。また、今回指摘を受けた学校以外についても再度施設点検を行い、転倒防止対策の不十分なものについては必要な措置を講じました。今後は適切な安全管理をしてまいります。

総務課

1 指摘年月日

平成17年8月26日

2 指摘事項

(1) 奨学金の償還滞納者については、滞納理由の実態を調査したうえで、適切な納付指導を行い、今後も公平・公正に徴収事務を推進されたい。

3 報告年月日

平成17年9月15日

4 措置

(1) 滞納理由の実態を調査するため、電話での督促や自宅訪問を実施し、償還金が新たな奨学生に貸与する奨学金の財源となっていることについて理解を求め、納期限までに償還するよう指導をいたしました。今後も粘り強く納付指導を実施してまいります。

学校教育課

1 指摘年月日

平成15年11月11日

2 指摘事項

(1) 教職員の資質の向上及び指導力のレベルアップを図る研修事業は、西遠総合教育センターとの連携をより一層深められ意義あるものとされたい。

3 報告年月日

平成17年10月21日

4 措置

(1) 学校教育の成否に直接関わる教職員の資質の向上は、教育上の重要な課題と認識しています。教育委員会では、指摘のありました西遠総合教育センターとの連携につきまして、平成17年4月1日付けで組織改正を行い、学校教育課が所管していました教職員研修事業を西遠総合教育センター事業に統合いたしました。このことにより、西遠地区広域市町圏事業として実施する研修とのすり併せを容易にし、事業の質を高めながら効率の良い運営を進める体制を整えました。なお、平成17年7月1日の合併後は、名称を天竜川・浜名湖地区総合教育センターに改め北遠地区も含めた広域を対象に有意義な研修を実施しています。

指導課

1 指摘年月日

(1) 平成17年2月14日

2 指摘事項

(1) 保健室の医薬品管理について、医薬品管理使用簿がなく、保管医薬品名及び使用残量等を把握していない学校があるので、医薬品管理について認識され、適正な管理を徹底されたい。

(2) 理科室の薬品管理について、薬品管理簿への記帳が不明確で残量把握がされていないなど、薬品管理が不適正な学校があるので、薬品の管理について再認識され、適正な管理を徹底されたい。

3 報告年月日

(1) 平成17年9月12日

4 措置

(1) 保健室には危険性の高い医薬品は常備されていないことから、これまで医薬品管理使用簿等の作成について、各学校に指導してまいりませんでしたが、現代社会においては、異物混入といった事件も心配されることから、指導課にて医薬品管理使用簿を作成し、保管医薬品及び使用残量等の適正な管理をするよう各学校に指導するとともに徹底いたしました。

(2) 指摘のありました学校について、薬品管理簿の記帳を明確にするとともに、保管庫の鍵が同室内の引き出しに入れてあることがないよう、職員室内等に保管するよう改善いたしました。さらに、今後は薬品管理マニュアルにそって、理科室の薬品管理がなされるよう、各学校へ再度指導するとともに徹底いたしました。

指導課

1 指摘年月日

平成17年8月26日

2 指摘事項

(1) 「夢をはぐくみ特色ある園、学校づくりを推進するための事業」等の業務委託契約において、委託業務内容の一部が契約内容と異なるものがあるので、契約規則等に基づき適正な事務処理をされたい。また、業務完了報告の確認又は検査日が遅延しているものがあるので、速やかな事務処理をされたい。

3 報告年月日

平成17年11月30日

4 措置

(1) 「夢をはぐくみ特色ある園、学校づくりを推進するための事業」の委託業務契約において、一部委託先の収支決算書の中に契約上、浜松市に報告義務のある20%を超える項目間の流用が未報告のままなされておりましたので、当該委託先から流用報告書を提出させるとともに、当該事業の全委託先へ通知し、契約内容に基づいた適正な業務の実施について徹底を図りました。また、業務完了報告につきましては、児童生徒園児の健康診断に係る委託業務等において、業務完了報告の確認又は検査日が遅延していることが判明しましたので、今後は、すべての委託契約の検収時に十分な内容確認を行うとともに、浜松市契約規則に基づき直ちに事務処理を行うよう全職員への周知徹底を図りました。

生涯学習部

生涯学習推進課

1 指摘年月日

平成17年5月6日

2 指摘事項

(1) 業務委託の契約締結において、所定の事務処理がされていないものや、契約日が未記入のものなどが散見されたので、手続き等に遺漏のないよう適正な事務処理をされたい。

3 報告年月日

平成17年11月30日

4 措置

(1) 契約日が未記入の業務委託契約書につきましては、契約日を記入しました。また、業務委託の契約書作成時における事務処理ミスを防ぐため、業務委託契約チェック表等を作成し、適正な事務処理に努めるよう周知徹底しました。

青少年課

1 指摘年月日

平成17年5月6日

2 指摘事項

(1) 浜松市青少年講座において、受講生が減少している講座の事業効果の検証と、内容を精査することにより、青少年健全育成事業のより一層の充実を図られたい。

3 報告年月日

平成17年10月24日

4 措置

(1) 受講生が減少傾向にあった「はたちの講座」と「青春の講座」について、より魅力的な事業にするため、両講座の合同による交流講座を4回企画開催しました。また、従来の案内チラシに加え、平成17年度からは市のホームページにも募集案内及び講座内容を掲載し、受講生の増加対策として、有効な講座への参加効果が得られました。今後も、対象年齢の違う講座の交流事業等を実施し仲間づくりの範囲を広げるとともに青少年活動の一層の向上につながる魅力ある事業展開を進めてまいります。

中央図書館

1 指摘年月日

平成17年5月6日

2 指摘事項

(1) 指定駐車場利用者へ交付する駐車場補助券については正確な帳簿記載とともに、常に残数の把握確認に努められたい。

3 報告年月日

平成17年9月14日

4 措置

(1) 駐車場補助券の指定物品出納簿を改め、日々の帳簿記載とともに月に1回購入・使用枚数の確認をし、常時残枚数の把握をするようにしました。

博物館

1 指摘年月日

平成17年5月6日

2 指摘事項

(1) 博物館の保有する会議室等については、十分な活用がされていないので、講座利用との調整を図るなか、より市民の利用に供することができるよう広報等について検討されたい。

3 報告年月日

平成17年11月22日

4 措置

(1) 会議室等の利用案内を浜松市ホームページ内の博物館ページへ掲載いたしました。空室の状況については、主催事業による利用との調整を要するため、詳細は問い合わせていただくことといたしました。なお、市民からの問い合わせへの対応に万全を期すため、会議室等の利用予定については、庁内LAN(ハイネス)を活用して、博物館職員の間で情報の共有化を図ることといたしました。

美術館

1 指摘年月日

平成17年5月6日

2 指摘事項

(1) 収蔵品については、展示期間・展示数などを研究し、鑑賞できる機会を増やす工夫をされたい。また、美術館等への出品・貸出しにあたっては、その取扱いについて要綱等を整備し適正な管理に努められたい。

3 報告年月日

平成17年11月25日

4 措置

(1) 浜松市美術館の館蔵品展以外に、新浜松市として新たに市域になった 「なゆた・浜北市民ギャラリー」 にて移動展を平成17年7月9日から同年8月14日において開催し、館蔵品35点を展示しました。今後も、移動展については継続して行くことといたしました。また、作品の出品・貸出しについては、浜松市美術館及び浜松市秋野不矩美術館共通の「浜松市美術館等の美術資料の貸出し及び寄託等に関する要綱」を平成17年7月に整備し、適正な管理をするようにしました。

議会事務局

議事課

1 指摘年月日

平成16年8月25日

2 指摘事項

(1) 浜松市議会会議録検索システムデータ作成業務及びシステム使用・保守の委託契約等について、委託業務と賃貸借を併せて1契約として処理していることにより、契約書の内容に不備が見受けられるので、適正な事務処理をされたい。

3 報告年月日

平成17年10月20日

4 措置

(1) 平成17年度より浜松市議会会議録作成業務及び浜松市議会会議録検索システム用データ作成業務委託と会議録検索システム「ディスカス」賃貸借業務の別契約とし、適正な事務処理をしました。

浜松農業委員会

1 指摘年月日

平成16年8月25日

2 指摘事項

(1) 農業委員会の今日的な意義を踏まえ、庁内他部局との連携の観点から担うべき分野を明確にする中で、総合的な農政の推進体制に参画するなど活動及び組織の見直しについて検討されたい。

3 報告年月日

平成17年10月25日

4 措置

(1) 平成16年11月に農業委員会法が改正され、農業委員会、農協、農業水産課などの関連組織は、これまでも取り組んできた「優良農地の確保と有効利用」と「担い手の確保・育成」を一層強化することになりました。これを踏まえて、関連する業務として、利用集積事業を農業水産課と共同で遂行しておりましたが、農業委員会として、より強力に進めることといたしました。具体的な農用地利用集積業務等の推進としては、下記のとおりです。

ア 農業水産課との業務の棲み分けを行い、それぞれ担当分野を明確にしました。

イ 貸し・売り及び借り・買い希望者の情報を積極的に収集するため、全農家に情報提供を求めました。

ウ 集めた情報で個人情報に係る内容(所有者情報)を削除した台帳を整備し、最新情報を自由に閲覧できる方法に改めます。

エ 遊休農地の現状把握が必要であり、具体的な方法について農業委員等に意見を求める予定です。

オ 遊休農地の現状把握後、遊休農地対策を模索します。

監査のトップに戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所監査事務局 

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2391

ファクス番号:050-3730-5218

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?