ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 官民連携 > 駐車場シェア実証実験に係る協定の締結について

ここから本文です。

更新日:2018年1月10日

駐車場シェア実証実験に係る協定の締結について

市の施設を使用した大規模イベント等での駐車場需要増に対応するため、シェアリングエコノミー(※1)の一形態である「駐車場シェア(※2)」の手法を活用した実証実験を、民間事業者との連携で実施します。

締結式

締結式

左:損害保険ジャパン日本興亜株式会社 浜松支店長 江口重雄氏
中:浜松市長 鈴木康友
右:タイムズ24株式会社 法人営業本部担当部長 石川智浩氏

締結日

平成30年1月9日(火曜日)

場所

浜松市役所 本館5階 秘書課応接室

締結者

浜松市長 鈴木康友

損害保険ジャパン日本興亜株式会社 浜松支店長 江口重雄氏

タイムズ24株式会社 法人営業本部担当部長 石川智浩氏

内容

駐車場シェア実証実験に係る市と民間事業者間の協定

対象イベント

(1)浜松城公園さくらまつり
実施時期 平成30年3月下旬~平成30年4月上旬
実施場所 浜松城公園(中区元城町)

(2)インターハイ(バドミントン競技大会)(※3)
実施時期 平成30年8月4日(土曜日)~平成30年8月9日(木曜日)
実施場所 浜松アリーナ(東区和田町)

市の役割 本協定に基づく実証実験の実施を市民(自治会等)へ説明
問合せ先
  • 総務部政策法務課経営推進担当経営改革・外郭団体調整グループ
    山本・宮野 Tel053-457-2244
  • 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 静岡業務部
    上妻(こうづま) Tel054-254-1251
  • タイムズ24株式会社 広報担当(パーク24株式会社グループ企画部)
    小田原・渡邉 Tel03-3213-8910

 

解説

  1. シェアリングエコノミー
    インターネットを介して、個人間でモノや場所、技能などを取り引きするサービス形態で、米国西海岸で2000年代後半に誕生し、その後、世界中に広がっている。主な取り組みとして、個人所有の家に宿泊する(いわゆる「民泊」)「Airbnb(エアービーアンドビー)」や、ライドシェア(相乗り)を提供する「Uber(ウーバー)」、遊休資産の活用を行う「スペースマーケット」、観光体験プランを提供する「TABICA(タビカ)」などがある。
  2. 駐車場シェア
    インターネットを活用して、空いている駐車スペースを来訪者に貸し出すサービスで、シェアリングエコノミーの一形態。
  3. インターハイ
    平成30年度全国高等学校総合体育大会バドミントン競技大会高松宮記念杯第69回全国高等学校バドミントン選手権大会

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所総務部政策法務課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2244

ファクス番号:050-3737-5694

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?