ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 学校給食 > 給食用食材の放射性物質検査

ここから本文です。

更新日:2016年9月16日

給食用食材の放射性物質検査

学校給食で使用する食材の安全管理体制の充実を図るため、平成28年度学校給食用食材の放射性物質検査を実施します。本市がこれまでに実施してきた検査結果から、食品中に含まれる放射性物質は厚生労働省の示す基準値を大きく下回り、平成25年度からは一度も検出されていないため、隔週での実施とします。今後も、検出限界値を超える放射性物質が検出された場合は、国や県の動向を踏まえ、検査の実施内容の変更を検討してまいります。

検査期間及び検査実施日

平成28年4月14日(木曜日)から平成29年3月9日(木曜日)までの隔週木曜日

検査方法

自校及び学校給食センターで使用予定の食材(農水畜産物及び加工食品)について隔週1回4検体を検査

検査項目

放射性ヨウ素及び放射性セシウム

検査機関

浜松市保健環境研究所

検査結果

検査日翌日にホームページ上で公表

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所学校教育部保健給食課

〒430-0929 浜松市中区中央一丁目2-1 イーステージ浜松オフィス棟5階

電話番号:053-457-2422

ファクス番号:053-457-2579

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?