ホーム > くらし・手続き > 環境 > 保健環境研究所 > 保健環境研究所年報 > 浜松市保健環境研究所だより(第16号)

ここから本文です。

更新日:2017年9月21日

浜松市保健環境研究所だより(第16号)

2017年9月

(PDF:265KB)

本研究所の業務の1つとして、海水浴場の水質調査があります。これは環境省の通知を受けた静岡県の依頼に基づき行っているものです。今年度は浜松市内の2か所の海水浴場で開設前調査を実施しました。これらの結果は静岡県がとりまとめ、HP等で公表しています。本号ではこの調査結果と調査方法について説明します。

目次

 平成29年度海水浴場の開設前水質調査結果について

海水浴場名\項目

ふん便性

大腸菌群数

油膜の有無

COD

透明度

水質判定結果

弁天島

8個/100mL

認められない

1.6mg/L

全透

適(水質A)

舘山寺

不検出

認められない

2.7mg/L

全透

可(水質B)

 

 海水浴場の水質判定基準について

水質判定基準については、次のように定められています。

区分\項目

ふん便性大腸菌群数

油膜の有無

COD

透明度

水質AA

不検出

(検出限界2個/100mL)

油膜が認め

られない

2mg/L以下

全透(または

1m以上)

水質A

100個/100mL以下

油膜が認め

られない

2mg/L以下

全透(または

1m以上)

水質B

400個/100mL以下

常時は油膜が

認められない

5mg/L以下

1m未満~

50cm以上

水質C

1000個/100mL以下

常時は油膜が

認められない

8mg/L以下

1m未満~

50cm以上

不適

1000個/100mL

を超えるもの

常時油膜が

認められる

8mg/L超

50cm未満

(1)ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、COD又は透明度のいずれかの項目が「不適」であるものを、「不適」な水浴場とする。
(2)「不適」でない水浴場について、ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、COD及び透明度によって、「水質AA」、「水質A」、「水質B」あるいは「水質C」を判定し、「水質AA」及び「水質A」であるものを「適」、「水質B」及び「水質C」であるものを「可」とする。
・各項目の全てが「水質AA」である水浴場を「水質AA」とする。
・各項目の全てが「水質A」以上である水浴場を「水質A」とする。
・各項目の全てが「水質B」以上である水浴場を「水質B」とする。
・これら以外のものを「水質C」とする。

 検査方法について

 1.ふん便性大腸菌群数(メンブランフィルター法)

  1. 試料をメンブランフィルターでろ過し、そのフィルターを寒天培地上に密着させます。
  2. 寒天培地の入ったシャーレはふたを閉め、二重に密閉用の袋に入れて密封します。
  3. 44.5±0.2℃調節した恒温水槽に沈め、24±1時間培養します。
  4. メンブランフィルター上に発生した青色のコロニー(菌の集まり)を数えます。

 

 

 

 

 

 

(密封されたシャーレ)

 

 

 

 

 

 

(恒温水槽)

 2.油膜の有無

現場で目視により確認する。

(河川で油膜が見られた事例)

 3.COD(化学的酸素要求量)

試料に一定量の酸化剤(過マンガン酸カリウム)を加え、沸騰水中で30分間加熱し、試料中の有機物等を酸化します。
これに還元剤(シュウ酸ナトリウム)を一定量加え、残っていた酸化剤を中和します。その結果残った還元剤の量を測るために酸化剤で滴定※3して、その量から計算によりCODを求めます。

工程図

(試料を一定量採取)

(沸騰水中で加熱)

(滴定(透明⇒微紅色))

 4.透明度

右図のような直径30cmの白色円板を静かに水中に沈めて見えなくなる深さと、次にこれをゆっくり引き上げていって見え始めた深さとを反復して確かめて平均し、測定結果をメートルで表示します。

 用語解説

 ※1ふん便性大腸菌群数
ふん便由来あるいは腸管系病原細菌の汚染指標として使用されるものの一つです。大腸菌群のうち44.5℃で培養したときに検出される細菌数のことをいいます。
 ※2COD(化学的酸素要求量)
海水などに含まれる有機物等を酸化剤によって一定の条件下で酸化するときに消費される酸化剤の量を酸素量に換算したもので、海域及び湖沼における有機物による水質汚濁の指標となります。
 ※3滴定
濃度の分かっている標準溶液をビュレットから試料溶液に滴下し、反応に必要な滴下量から試料溶液に含まれる対象物質の濃度を計算で求める方法です。

 おわりに

海水浴場は人と水とが触れ合う場として最も親しまれている水環境の一つであることから、その水質結果を把握し、公表することは市民生活の向上につながります。本研究所としても正確なデータの提供により、水環境における安心・安全性の確保を図っていきます。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所健康福祉部保健環境研究所

〒435-8642 浜松市東区上西町939-2

電話番号:053-411-1311

ファクス番号:053-411-1313

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?