日本に住むためには  新しい在留管理制度・住民基本台帳制度

トップページ  >>  日本に住むためには  >>  新しい在留管理制度・住民基本台帳制度

2012年7月9日から新しい在留管理制度がはじまりました。
また、外国人住民の住民基本台帳制度がはじまり、外国人登録法はなくなりました。 これに伴い、外国人登録原票記載事項証明書は、発行できません。
住んでいる場所などの証明は「住民票の写し」を取ることになりますが、7月9日より前の住所や家族などの証明は「住民票」には書かれません。

なお、7月9日以降に、外国人登録原票の記載事項がいる時は、法務省に個人情報の開示請求をしなくてはなりません。
詳しくは法務省のホームページを見てください。

※法務省ホームページ「個人情報開示請求について」
http://www.moj.go.jp/hisho/bunsho/hisho02_00016.html

新しい在留管理制度

在留カード

・「3月」を超える中長期的な在留期間の資格があり日本に在留する人に渡されます。
・「短期滞在」の在留資格の人には在留カードは渡されません
・「外交」または「公用」の在留資格の人には在留カードは渡されません。

特別永住者証明書

・特別永住者の人には、在留カードではなく、区役所にて「特別永住者証明書」が渡されます。

交付場所

・地方入国管理官署(※詳細は地方入国管理局・支局・出張所に聞いてください)

外国人登録証明書から在留カードへの切替時期

・中長期在留者の人が持っている「外国人登録証明書」は、在留カードが渡されるまでのあいだ、住所の届出や入国管理官署での手続きでは在留カードとみなされますので、すぐに在留カードにかえる必要はありません。
地方入国管理官署で在留期間更新などの手続の時に新しい在留カードが渡されます。
※ただし、2015年7月8日までには在留カードにかえなくてはなりません。

外国人住民の住民基本台帳制度

住民票の作成

・在留カード又は特別永住者証明書を渡される対象となる方は、外国人住民として浜松市で日本人と同じように住民票が作られます。

記載事項

・外国人住民の住民票には、名前、出生の年月日、男女の別、住所などのほか、外国人住民特有の事項として、国籍・地域、在留資格、在留期間などが書かれます。

住民票の写し

・日本人と同じように、浜松市の窓口で住民票の写し(または住民票記載事項証明書)をもらうことができます。

住所変更手続きについて

・浜松市の外へ引っ越しをする時は届出が必要です。
・浜松市の中で住所を変わる時は届出が必要です。

関連情報

※法務省ホームページ「新たな在留管理制度がスタート!」
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/index.html

※法務省ホームページ「特別永住者の制度が変わります!」
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_2/index.html

※総務省ホームページ「外国人住民に係る住民基本台帳制度について」
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/zairyu.html

他の項目を見る