ここから本文です。

更新日:2015年9月8日

夏休み親子リサイクル見学会を開催しました!

百聞は一見にしかず! ~減量教育は現場から~

平成27年8月4日(火曜日)と7日(金曜日)に「夏休み親子リサイクル見学会」を開催しました。両日猛暑の中での開催となりましたが、24組53人もの多くの親子にご参加いただき大盛況の中の開催となりました。

★8月4日(火曜日) <Aコース>

 最初の見学先の西部清掃工場管理棟「えこはま」(西区篠原町)では、工場内を見学しながら、全問正解を目指してクイズラリーを行いました。

 自分達が捨てたごみのゆくえが間近で見学できるとあって、皆さんの関心の高さがうかがえました。


定点カメラ映像でごみ処理の方法を学びます。


工場内を見学中。

 次の見学先のイオンタウン浜松葵ショッピングセンターのリサイクルステーション(中区葵西三丁目)では、新聞・雑誌・アルミ缶などの資源物を回収している様子を見学し、その後はバスの車内で行われた雑がみクイズをとおして、雑がみはどういうものかについて学びました。

 猛暑のため、現場見学の時間は短くなってしまいましたが、車内では子供達が元気な声でクイズに答えてくれました。


リサイクラーさんに質問をしています。


雑がみクイズ開催中!

 続いて向かったのは7月から新設された北部収集窓口センター(東区半田山二丁目)。ごみ収集車の仕組みについて説明を受けた後、実際に収集車に乗って施設周辺を回りました。

 他ではなかなかできない貴重な体験になったと参加者も喜んでいました。


ごみ収集車について説明を受けています。


ごみ収集車の仕組みに興味津々。

 最後の見学先のプレ葉ウォーク浜北(浜北区貴布祢)では、店舗の裏側で行われている事業系ごみの処理の様子を見学しました。

 ごみの分別や計量方法が徹底されている現場に、参加者は興味津々で見入っていました。


店舗の裏ではごみが細かく分別されています。


プラスチックコンテナの組み立て作業中。

★8月8日(金曜日) <Bコース>

 最初の見学先の富士エコサイクル(北区細江町中川)では、廃家電の破砕・選別工程を見学し、家電リサイクルの仕組みを学びました。

 参加者は、大きな家電が機械ではなく手作業で細かく解体されていく様子に驚いていました。


見学前に家電リサイクルについて勉強します。


ヘルメットを被って いざ工場見学へ。

 次の見学先は浜松市エコハウスモデル住宅(西区大平台三丁目)。暮らすとエコになる家の仕組みを見学した後、実際に太陽光の熱を利用して作ったホットケーキを試食しました。

 見学中は、家の随所に施されたエコの工夫に参加者からの質問も多く、関心の高さがうかがえました。


建物内を自由に見学しています。


太陽の恵みでできたホットケーキの試食中。

 最後の見学先はAコースでも訪問した西部清掃工場管理棟「えこはま」(西区篠原町)。工場内を見学した後、建物西側にある資源物回収集積コーナーに移動し、資源物の積み込み体験を行いました。

 暑い中、大きな段ボールを一生懸命に積み込んでいる子供達の姿が印象的でした。


資源物回収について説明を受けています。


上手に積み込みができるかな?

 見学会に参加された保護者からは、「家族が協力し合えるので親子で一緒に参加できて良かった」、「ごみを減らすために個人でできることを取り組んでいきたい」といった嬉しいご感想をいただき、子供からも「勉強になった」、「楽しかった」という声を聞くことができました。ご参加いただいた皆様には、これからも3Rの取り組みにご協力をよろしくお願いいたします!!

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所環境部ごみ減量推進課

〒432-8023 浜松市中区鴨江三丁目1-10 鴨江分庁舎

電話番号:053-453-6192

ファクス番号:050-3737-2282

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?