ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > ごみ減量 > 生ごみ堆肥化(堆肥化容器、段ボール式コンポスト)

ここから本文です。

更新日:2015年12月16日

生ごみ堆肥化(堆肥化容器、段ボール式コンポスト)

生ごみ堆肥化容器の配付について

「生ごみ堆肥化容器を無料で配付します」 ※応募を閉め切りました。

生ごみ減量のため、生ごみ密封発酵容器またはコンポスト容器のどちらかを1世帯あたり2個配付しています。

・各2個の組み合わせはできません。
・年度により堆肥化容器の色、形状等は異なる場合があります。

堆肥化容器の種類や使い方

市が配付する堆肥化容器について、一般的な使い方等をご案内します。ただし、配付する容器の大きさや形は、年度によって多少異なります。また、投入する生ごみの量や内容も、ご家庭ごとに違います。下記は容器を選ぶ際の参考としてご覧ください。

〇密封発酵容器とは・・・
『密封発酵容器』は、ぼかし(発酵促進剤)の中の微生物の力で生ごみを発酵させ、庭や畑に埋めたときに土に還りやすい状態にするものです。 ※別途、発酵促進剤の購入が必要です。


 密封発酵容器

 

〇コンポスト容器とは・・・
『コンポスト容器』は、庭や畑に設置し、土の微生物の働きにより生ごみを発酵・分解させ、堆肥化するための容器です。(土に10cm 程埋めます)

 コンポスト容器

 

条件

1 市内に住所を有し、生ごみを堆肥化することができること
2 配付日に受け取りに来ることができること
3 今年度どちらの容器も受け取っていないこと
4 アンケートに協力できること ※次年度以降に対象者を抽出して通知します。

募集

予算の範囲内(市全体であわせて800名程度)

申込先

堆肥化容器をご希望の方は、ごみ減量推進課(電話053-453-6192)へお問合せください。

生ごみ堆肥化容器(コンポスト・密封発酵容器)の使い方、選び方については、生ごみ堆肥化ガイドをご覧ください。

生ごみ堆肥化容器や生ごみ処理機等の特徴

 

 

◆生ごみ堆肥化容器◆

 

 

密封発酵容器

コンポスト容器

処理の方法

嫌気性生物(酸素を必要としない)のEM菌が発酵

好気性生物(空気の好きな)の微生物などが分解

維持費用(700g/日で計算)

ぼかし(100円/300g)1か月450g 程度

なし

処理剤

ぼかしが必要

発酵促進剤は不要だが、必要に応じて使うと効果的

手間

多め

(毎日のガス抜き・水抜きなど)

少なめ

処理量

少ない

多い

処理時間

発酵するまでに2週間
(発酵したら土に埋めて1~2週間)

3か月程度
(切り返しをしたり、発酵促進剤を使うと早くなる)

堆肥の量

多い

(発酵の過程で、液体肥料もできる)

多い

主用途

生ごみの堆肥化と生ごみの減量

主な設置場所

屋外・ベランダ

(直射日光や雨が当たらない場所)

畑・庭

注意点

ふたの開閉は短時間で行うこと。

虫が発生することがある。場所をとる。

市の助成

無料配付(2個)

配付方法など

詳細はこちらをご確認ください。

 

 

◆家庭用生ごみ処理機◆

 

 

バイオ式

乾燥式

処理の方法

好気性生物(空気の好きな)の微生物などが分解

高温の風で乾燥

維持費用(700g/日で計算)

機種により様々

処理剤

チップなどの交換が必要

不要

手間

少ない

不要

処理量

機種による

処理時間

電気を使うタイプは早め

短時間で乾燥(乾燥したものを土に混ぜて2~4週間)

堆肥の量

少なめ

少ない

主用途

生ごみの堆肥化と生ごみの減量

生ごみの減量

主な設置場所

屋内・屋外

屋内

注意点

カタログなどを御確認ください。

市の助成

購入金額の2分の1以内で15,000円まで補助(1,000円未満切り捨て)

申請方法など

詳細はこちらをご確認ください。

 

 

◆段ボール式コンポスト◆

 

処理の方法

好気性生物(空気の好きな)の微生物などが分解

維持費用(700g/日で計算)

なし

処理剤

米ぬか、廃食油を使うと効果的

手間

多い

処理量

少なめ

処理時間

2週間~1か月

堆肥の量

少なめ

主用途

生ごみの堆肥化と生ごみの減量

主な設置場所

屋外(屋根下)

注意点

雨に弱い。虫が発生することがある。

市の助成

なし

生ごみ堆肥化容器や段ボール式コンポストは冬場では処理に時間がかかります。
※段ボール式コンポストのキットは、西部清掃工場管理棟(えこはま)【電話 440-5374】でも、NPO法人エコライフはままつが取り扱っています。

 生ごみ堆肥化ガイド

  • (1)生ごみ密封発酵容器の使い方
  • (2)コンポスト容器の使い方
  • (3)段ボール式コンポストの使い方
  • (4)生ごみ堆肥の利用方法
  • (5)発酵促進剤(ぼかし)の作り方
  • (6)生ごみ密封発酵容器の発酵促進剤(ぼかし)取扱店等
  • (7)よろず相談会Q&A等
  • 詳細は「生ごみ堆肥化ガイド(PDF:2,179KB)」をご参照ください。
  • 発酵促進剤はお近くのホームセンター、授産所、お米屋さんなどで取り扱っています。
  • 市役所本館1階売店(エスカレーターの西側)、西部清掃工場内「えこはま」でも取り扱っています。
  •  

ごみ減量トップへ戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

浜松市役所環境部ごみ減量推進課

〒432-8023 浜松市中区鴨江三丁目1-10 鴨江分庁舎

電話番号:053-453-6192

ファクス番号:050-3737-2282

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?