ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > ごみの出し方(トップページ) > プラスチック製容器包装の分別徹底のお願い

ここから本文です。

更新日:2017年12月11日

プラスチック製容器包装の分別徹底のお願い

浜松市では平成13年4月からプラスチック製容器包装の分別収集を開始し、これまで市民の皆様のご協力によりこの制度は順調に進行してきました。一方で、分別収集開始から10年以上が経過した現在でもいまだに適切に分別されない状況がみられます。これらが処理施設等の大事故を引き起こす原因となり、追加で多額の経費がかかったり、順調に進行してきた制度の存続を脅かす恐れも出てきます。
今一度市民の皆様にプラスチック製容器包装の分別に関心を持っていただき、適切な分別にご協力いただきますようお願いします。

プラスチック製容器包装とは

プラスチック製容器包装(以下、「プラマーク」)とは商品をいれたもの(容器)や包んだもの(包装)であり、中身の商品を取り出した(使った)後に不要になるものをいいます。プラスチック製品そのものは対象ではありません。下の識別マークを頼りに分別をお願いします。

プラマーク

プラマークの出し方

浜松市では平成25年4月からは天竜区の一部を除き、週1回収集しています。
お住まいの地域の決められた日時に集積所へ指定袋へ入れて出してください。

絶対に入れないでください

家庭から収集されたプラマークの中には、異物がたくさん混入しています。適正にリサイクルするためには、正しく分別することはとても大切です。「プラマーク」でないもの、汚れの落ちないもの、危険なもの等は絶対に入れないようにお願いします。リサイクルに支障をきたすばかりか、処理施設等の大事故につながる場合があります。

【実際にプラマークの中に混入していた異物】

 

処理施設で火災が発生しています

プラマークに電池類等(リチウム電池等)が混入し、施設で火災事故が発生しています。
電池類等の混入は、火災の原因となりますので絶対に出さないでください。
充電池(リチウムイオン電池等)・ボタン電池は特定品目で出してください。(車載用は除く)

【出してはいけない電池類の例】

リチウムイオン電池

リチウム電池

ニッケル水素電池


ボタン電池・コイン電池

プラ製おもちゃ

電池で動くプラスチック製のおもちゃ等は電池を外し「もえないごみ」へ

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所環境部ごみ減量推進課

〒432-8023 浜松市中区鴨江三丁目1-10 鴨江分庁舎

電話番号:053-453-6192

ファクス番号:050-3737-2282

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?