ここから本文です。

更新日:2017年12月11日

3R啓発イベントを開催しました

20政令指定都市及び東京23特別区による「大都市減量化・資源化共同キャンペーン」の一環として10月の3R推進月間に3R啓発のための店頭イベントや3R推進展を開催しました。

※環境省が10月を「3R(リデュース・リユース・リサイクル)推進月間」と位置付けています。

 

【3Rとは】

「3R」はごみ減量に関する3つの単語の頭文字です。 1つ目は、ごみを出さないReduce(リデュース)、2つ目が繰り返し使うReuse(リユース)、3つ目がごみを資源に再生するRecycle(リサイクル)です。

3R啓発イベントについて

【3R推進展】
◆平成29年10月2日(月曜日)~平成29年10月10日(火曜日)浜松市立中央図書館

【3R店頭イベント】
◆平成29年10月12日(木曜日)プレ葉ウォーク浜北
◆平成29年10月17日(火曜日)イオンモール浜松市野


3R啓発イベントとして、生ごみの水切りや雑がみの分別・資源化をはじめとしたパネル展示のほか、密封発酵容器やコンポスト容器などの堆肥化容器の展示を行いました。

キャンペーンポスター

2017 San-X Co.,Ltd.All Rigaht Reserved.

浜松市立中央図書館 での3R推進展

プレ葉ウォーク浜北 での店頭イベント

イオンモール浜松市野 での店頭イベント

 

アンケート集計結果

3R啓発イベントや3R推進月間に西部清掃工場に来場した方に3Rについてアンケートを実施しました。

<回答者の属性>

【性別】

117人

15%

565人

71%

未回答

116人

15%

合計

798

-

 

 

【年代】

10代以下

6人

1%

20代

43人

5%

30代

152人

19%

40代

110人

14%

50代

95人

12%

60代

217人

27%

70代

128人

16%

80代以上

31人

4%

未回答

16人

2%

合計

798

-

 

【住まい】

中区

122人

15%

東区

145人

18%

西区

63人

8%

南区

44人

6%

北区

61人

8%

浜北区

178人

22%

天竜区

28人

4%

市外

89人

11%

未回答

68人

9%

合計

798

-

 

<アンケート結果>

◆3R(スリーアール)のうち、正しく意味を理解しているものはどれですか?

1 リデュース

342人

43%

2 リユース

481人

60%

3 リサイクル

673人

84%

 

reuse

 

◆3Rに関する行動のうち、実践していることはどれですか?

リデュース

1 料理の作り過ぎや食べ残しをしないように気をつけている

531人

67%

2 計画的な買い物をしている(余分なものを買わないようにしている)

377人

47%

3 レジ袋をもらわないようにし、マイバッグを使っている

699人

88%

4 マイはしやマイボトルを利用している

303人

38%

5 生ごみの水切りを徹底している

419人

53%

6 生ごみは堆肥・肥料にしている

134人

17%

リユース

7 詰め替え商品を買うようにしている

677人

85%

8 いらなくなった服はバザーやフリーマーケットなどで人にゆずっている

336人

42%

リサイクル

9-1 資源物の分別をしている(新聞)

516人

65%

9-2 資源物の分別をしている(雑誌)

482人

60%

9-3 資源物の分別をしている(雑がみ) 301人 38%
9-4 資源物の分別をしている(紙パック) 310人 39%
9-5 資源物の分別をしている(段ボール) 555人 70%
9-6 資源物の分別をしている(アルミ缶) 549人 69%
10-1 資源物回収を利用している(集団回収) 391人 49%

10-2 資源物回収を利用している(行政拠点)

89人

11%

10-3 資源物回収を利用している(民間拠点)

322人

40%

 

『リサイクル(再生利用)』という言葉は、普段の生活の中で耳にする機会が増えているように思いますが、『リデュース(発生抑制)』や『リユース(再使用)』という言葉はまだまだ認知度が低いようです。

日本語には、まだ使えるものが無駄にされることを惜しむ『もったいない』という素晴らしい言葉があります。買い物をする時によく考えて必要なものだけを買うというように、後にごみになりそうな根本を減らす『リデュース』の取り組みや、小さくなって着られなくなった服を兄弟や友人に譲るというように、同じものを形そのままに人を代えて再度利用する『リユース』の取り組みは、使用済みの製品を分別・加工し、新たな原材料として利用する『リサイクル』よりも省エネルギーでできるエコな取り組みです。

古くから日本に根付いているもったいない精神を大切に、これからも3Rの取組にご協力をお願いいたします!!

 

 

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所環境部ごみ減量推進課

〒432-8023 浜松市中区鴨江三丁目1-10 鴨江分庁舎

電話番号:053-453-6192

ファクス番号:050-3737-2282

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?