ここから本文です。

更新日:2018年1月29日

常任委員会の状況

12月1日に開催した各委員会での審査の概要です

総務委員会

議会の議員に対する議員報酬及び期末手当の支給並びに費用弁償条例の一部改正について

【質疑】

市議会議員の報酬等は、人事委員会の勧告を踏まえて改定される一般職の給与に連動して改定される傾向があるが、民間企業の給与との較差を是正するための一般職の給与改定とは全く別の視点で議論をすべきでは。

【答弁】

市議会議員の報酬等は市長などの特別職と同様、特別職報酬等審議会において、勤務形態の異なる一般職の給与とは多少性質が異なることを認識した上で議論されている。なお、審議会では、まず4年間の任期中における役職ごとの総報酬額について議論をした後、1年ごとの適正な額について議論がされていることから、必ずしも一般職の給与改定が直接反映されるということではない。

厚生保健委員会

安心して医療が受けられ、健康が守られるように国民健康保険料の改善を求める請願

【多数意見】

保険料の納付については、29年度から納付回数をふやして1回当たりの納付額を少なくする等、収納率向上に取り組んでいる。加入者の高齢化や医療の高度化により、1人当たりの医療費が増加する中で保険料収入は減少しており、国保の財政運営は厳しい状況にある。保険料の減免については、国民健康保険の広域化に伴い今後県が示す減免基準を踏まえて対応すべきである。

【少数意見】

保険料引き下げのため、一般会計から国保事業特別会計への繰り入れのあり方などを検討し、加入者が払うことができる保険料になるよう、市は全面的に努力していく姿勢を持つべきである。

【委員会の結論】

賛成少数で不採択とすべきものと決定した。

環境経済委員会

ふるさと納税返礼品調達及び配送業務委託費について

【質疑】

高額な返礼品の見直しに関する国からの通知に対する本市の対応は。

【答弁】

10月から楽器、家具を返礼品から除外した。なお、28年度返礼品に楽器を希望した人の寄附額の合計は、ふるさと納税総額のおおむね3分の1を占めており、今後の影響は避けられないが、新たに観光誘客につながる旅行商品など、本市の強みを生かした返礼品を追加し、広告で寄附を募るなどの対応をしていく。

写真:パラグライダー体験の様子
体験型の返礼品を充実(パラグライダー体験)

建設消防委員会

狭い道路拡幅整備事業について

【質疑】

道路拡幅のために寄附された民地内に電柱が設置されていた場合の対応と費用負担は。

【答弁】

道路となる民地に従前から設置されている電柱については、可能な限り民地へ移転するよう電力事業者等へ依頼している。また、移転費用については、全額を市が負担している。

市営住宅の指定管理者の指定について

【質疑】

選定された事業者は市営住宅が抱えている課題等を理解しているのか。

【答弁】

新たに選定した事業者は、市営住宅の空き状況や入居者の高齢化などの課題を十分に理解した上で、入居者募集の回数をふやすなど、現在の指定管理者が行っているサービス以上の各種事業を提案したと認識している。

市民文教委員会

子どもたちにゆきとどいた教育を求める請願

【多数意見】

給付型奨学金制度の創設は国の役割である。学校給食費の負担補助については、29年度からの値上げ分に対する補助には約3.8億円、無償化には約37億円が必要となり、財源の確保に課題がある。また、全小・中学校の全学年で30人学級を実施した場合、教職員の採用が追いつかない。さらに、普通教室へのエアコン設置や学校トイレの洋式化についても、限られた財源の中で現状に即した努力がなされている。

【少数意見】

学ぶ意欲のある全ての子供が進学できるよう、奨学金を整備すべきである。また、教育の負担軽減を進めることにより、全ての子供に平等に行き届いた教育を保障すべきである。

【委員会の結論】

賛成少数で不採択とすべきものと決定した。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所議会事務局調査法制課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2513

ファクス番号:050-3730-5218

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?