ここから本文です。

更新日:2014年8月6日

二俣城跡

二俣城跡 ふたまたじょうあと (浜松市天竜区二俣町二俣)
昭和36年12月1日 市指定史跡


二俣城は、戦国時代今川氏により築城され、武田軍の修築を経て、徳川方の在城の頃、天守台を始め諸施設が構築されました。
主な遺構として本丸、天守台、二の丸、曲輪(くるわ)、蔵屋敷などが残っています。二俣城をめぐって武田・徳川軍の攻防の舞台となりました。
天正7年(1579)9月15日、徳川家康の長男信康がこの二俣城で自刃しています。

地区内リストに戻る

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部文化財課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2466

ファクス番号:053-457-2563

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?