ホーム > 教育・文化・スポーツ > はままつの文化財 > 「二俣城跡・鳥羽山城跡総合調査報告書」販売のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2017年12月14日

「二俣城跡・鳥羽山城跡総合調査報告書」販売のお知らせ

浜松市天竜区二俣町の二俣城跡・鳥羽山城で2009年から継続的に実施してきた文化財調査の成果をまとめた報告書です。

【完売致しました】

鳥羽山城総合調査報告書表紙

二俣城跡とは

1572年から1575年の間、徳川家康と武田信玄・勝頼親子との攻防戦が繰り広げられた城として知られています。天守台や石垣は、1590年から1600年の間に城主であった堀尾氏によって築かれたものと推定されています。

鳥羽山城とは

1590年から1600年の間、二俣の地を領有した堀尾氏によって大規模に改修された御殿的性格が強い城郭です。枯山水庭園や破格の大きさの大手道を備えています。二俣城とは別城一郭として、密接な関係をもっています。

価格

2,500円 【完売】

規格

A4版・288ページ(うち巻頭カラー16ページ)

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部文化財課

〒430-8652 浜松市中区元城町103-2

電話番号:053-457-2466

ファクス番号:053-457-2563

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?