ここから本文です。

更新日:2017年3月16日

平成28年度展覧会情報

第13回浜松市美術館版画大賞展

版画大賞展

内容

静岡県は、早くから版画の盛んな地域でした。この伝統を受け継ぎ、創作活動の一層の向上普及を図るとともに、版画への関心を高めるため、浜松市美術館では昭和54年度から3年に一度、全国から作品を公募し展覧会を開催しています。

第13回となる今回は、134点の応募があり、66点の入賞・入選作品が決まりました。展覧会では、入賞・入選作品を展示します。

 

大賞

大賞 《ROUGE et..》鶴巻貴子(新潟県)

 

静新

静岡新聞社・静岡放送賞 《第八夜》

太田夏希(浜松市東区)

館長賞

浜松市美術館長賞 《wedding》

グエン ティ トゥエ トゥ(東京都)

 

 

会期

平成29年2月28日(火曜日)~3月26日(日曜日)

休館日

月曜日(3月20日は開館し、3月21日は休館)

開館時間

午前9時30分~午後5時(最終日3月26日は午後4時まで)

主催

浜松市、静岡新聞社・静岡放送

観覧料

大人:300円 高校生:150円 中学生以下、70歳以上、障害者手帳等をお持ちの方及びその介護者1名は無料

※静岡県内の小学生は「キッズアートプロジェクトしずおか」のミュージアムパスポートを提示してください。
※団体割引(20名以上は当日料金の2割引、80名以上は当日料金の4割引)
※各割引の併用はできません。

 

池口史子展-静寂へのまなざし-

池口展ポスター

内容

池口史子氏は、東京藝術大学美術学部油絵科を卒業後、同大学院へと進み、現在も個展やグループ展を中心に活躍を続けている画家です。異国の街並みや人物、動植物をモチーフに描かれた作品は、作者の瞳が触れたありふれた日常の風景に潜む静寂の情景が表れており、洗練された画面の力強さには、作者が肌で感じ取ったモチーフの息遣いが感じられます。静けさと同時に力強さや躍動感、生命力といった一見相反すると思われる要素を内包することで、作品の世界観は深く繊細なものとなり、作者が感じ取った情景が重厚に反映されています。本展では、作者が静寂を捉える視点(まなざし)に着目し、現在の作風に至る軌跡を、初期から現代に至るまで年代別に紹介します。

大河

《大河の行処》Where a Big River Flows 2008年

エレン   花

《窓際のエレン》Ellen by the Window 2001年     《赤いバックの花》Flowers in the Red Background 2006年

会期

平成29年4月30日(日曜日)~6月3日(土曜日)

開館時間

午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

主催

浜松市、Daiichi-TV

協力

遠州鉄道株式会社

観覧料

一般:1,000円(800円) 大学・高校・専門学校生:700円(500円) 中学生以下無料

( )内は前売料金

※70歳以上の方、障がい者手帳等をお持ちの方及びその介護者1名は当日料金の半額

※団体割引:20名以上は当日料金の2割引、80名以上は当日料金の4割引

※各種割引の併用はできません。

※静岡県内の小学生は「キッズアートプロジェクトしずおか」のミュージアムパスポートを提示してください。

前売券

取扱所

浜松市美術館、浜松市秋野不矩美術館、市内画廊・画材店、アクトシティ浜松チケットセンター

プレイガイド

チケットぴあ:Pコード768-221(サークルK・サンクス、セブンイレブン)

ローソンチケット:Lコード45039(ローソン、ミニストップ)

イープラス

※前売券は、平成29年4月29日(土曜日)までの販売です。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部美術館

〒430-0947 浜松市中区松城町100-1

電話番号:053-454-6801

ファクス番号:053-454-6829

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?