ここから本文です。

更新日:2016年5月20日

平成28年度展覧会情報

館蔵品展『「月百姿」堂々登場!』

四條納涼 四條納涼《月百姿》

月百姿PR動画サイト:https://youtu.be/DYiAvkzPKkE(別ウィンドウが開きます)

開催主旨

幕末から明治にかけて、激動の時代を生きた大蘇(月岡)芳年の浮世絵『月百姿』は、歴史物語や故事を月に関連つけて描いた100枚の連作です。

本展覧会では、100枚すべて揃いで公開し、来館されるお客様に作品の持つ魅力を充分にお伝えします。

また、同時代の江戸・東京系ガラス絵を展示し、その時代の文化や風俗への関心を深める機会になる展覧会です。

会期

平成28年5月28日(土曜日)~6月24日(金曜日)

開館時間

午前9時30分~午後5時(最終入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日

主催

浜松市

観覧料

一般:300円 高校生:150円 中学生以下・70歳以上の方・障害者手帳等お持ちの方及び介護者1名は無料

 

特別展「超世代 仮面ライダープレミアムアート展」

仮面ライダー

クレジット

内容

1971年4月放送開始。当時、日本中の子どもたちがテレビにくぎ付けになりました。その名は「仮面ライダー」。正義を守るため、懸命に悪に立ち向かう強いヒーロー。仮面ライダーは、たちまち子どもたちの心をつかみ、変身ブームを巻き起こしました。

あれから45年。昭和から平成へと時代が移り変わっても、受け継がれた仮面ライダー魂は今も輝き続けています。大人から子どもまで世代を超えて夢中になれる。思い出を重ね合わせながら誰かに話したくなる、そんな展覧会です。

本展では、仮面ライダー誕生の原点である原作者・石ノ森章太郎の貴重な漫画原稿やイラスト原画、当時の懐かしいスチール写真や映像も交えて紹介します。さらに、昭和・平成ライダーや悪の組織の立像に加え、憧れのバイクや変身ベルトなど、400点を超える展示品の数々を時代を追ってご覧いただきます。

45年の足跡をたどりながら、今も愛され続ける仮面ライダーの魅力を存分にお楽しみください。

会期

平成28年7月9日(土曜日)~8月26日(金曜日)

休館日

月曜日(7月18日は開館、翌7月19日は休館)

主催

浜松市、Daiichi-TV

後援

K-mix、FM Haro!

協力

遠州鉄道株式会社、静岡文化芸術大学 文化芸術・研究センター

特別監修

石森プロ

企画制作

東映株式会社

観覧料

一般:1,200円(900円) 大学・専門学校・高校生:700円(500円) 中学・小学生:400円(300円)

小学生未満:無料 ( )内は前売料金

前売券取扱所 (前売券の販売は7月8日(金曜日)まで)

チケットぴあ(サークルK・サンクス、セブンイレブン):Pコード 767-546

ローソン、ミニストップ:Lコード 42658

※70歳以上の方、障がい者手帳等お持ちの方及び介助者1名は当日料金の半額

※静岡県内の小学生は「キッズアートプロジェクトしずおか」のミュージアムパスポートを提示で無料

※団体割引(20名以上は当日料金の2割引、80名以上は当日料金の4割引)

※遠州鉄道【ナイスパス】を利用してバス・電車でご来館の方は、当日料金の半額(ただし、美術館、市役所前、市役所南、浜松城公園入口、鹿谷町、浜松城市役所[くるる]、遠州病院駅[電車]で降車の方限定です。)

※各種割引の併用はできませんので、ご注意ください。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部美術館

〒430-0947 浜松市中区松城町100-1

電話番号:053-454-6801

ファクス番号:053-454-6829

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?