ここから本文です。

更新日:2016年11月26日

展覧会情報

※スケジュールは、都合により変更する場合があります。
※各展覧会の会期以外の期間は、展示替えのため休館いたします。

所蔵品展:「秋野芸術の軌跡4 ~インドにて-人々の暮らし~」

展示期間

平成28年11月19日(土曜日)~12月18日(日曜日)

休館日

11月21日、28日、12月5日、12日

料金

大人300円、高校生150円

中学生以下、70歳以上、障害者手帳所持者は無料

詳細は利用案内(観覧料)をご覧ください。

展示室

第1展示室、第2展示室

内容

インドを愛した秋野不矩が当地を訪れる興味の一つは、人々の生き生きとした暮らしぶりに触れることにありました。現地の住人が生活する村の家並みや、そこで営まれる生業、祈りの風習などを、日常に寄り添った視点で取材し、描いています。
《糸》、《土の家C》、《朝の祈り》、《村落(カジュラホ)》など、インドの人々の暮らしぶりをよく伝える作品を展示します。

所蔵品展:「秋野芸術の軌跡5 ~インドにて-寺院と神々を巡る~」

展示期間

平成28年12月20日(火曜日)~平成29年1月22日(日曜日)

休館日

12月26日~31日、1月1日~3日、10日、16日

料金

大人300円、高校生150円

中学生以下、新成人(平成8年4月2日~平成9年4月1日生まれの方)、70歳以上、障害者手帳所持者は無料

詳細は利用案内(観覧料)をご覧ください。

展示室

第1展示室、第2展示室

内容

秋野不矩は、インドの寺院や旧跡を自らの足で巡って取材し、作品に描いてきました。大きな史跡よりも郊外の小さな寺院や祠を好んだ秋野は、民衆や行者の祈りの場である田舎町の寺院や、祀られた神々が持つ土俗的な雰囲気に親しみをもって接しています。
《ラージャラーニー寺院I》、《廻廊の壁画》など、ヒンズー教寺院を内外から捉えた作品と、《行者シヴァ》、《サラスヴァティ》などインドの神々を描いた作品を中心に展示します。

特別展:「人物に託す意思 山田優アントニ×川島優」

展示期間

平成29年1月28日(土曜日)~3月12日(日曜日)

休館日

1月30日、2月6日、13日、20日、27日、3月6日

料金

大人500(400)円、高校生300(240)円、小中学生150(120)円

静岡県内の高校生、新成人(平成8年4月2日~平成9年4月1日生まれの方)、70歳以上、障害者手帳所持者は半額

未就学児、静岡県内の小中学生は無料

カッコ内は前売り料金、秋野不矩美術館及び浜松市美術館窓口で会期1か月前から販売

詳細は利用案内(観覧料)をご覧ください。

展示室

第1展示室、第2展示室、企画展示室

内容

ともに浜松市の出身で、人物画によって自らの絵画表現を追求する2人の若手画家、山田優アントニ(やまだ ゆう アントニ、1987-)と川島優(かわしまゆう、1988-)の制作を紹介します。
浜松市を拠点に制作に取り組む山田は、幼い頃より繰り返し描き続けてきた人の顔をモチーフに、自身の記憶・経験・感情を擬人化した人物像を作り上げます。愛知県立芸術大学大学院の日本画専攻博士後期課程に在籍する川島は、自身の内なる感情を託した女性像を無機質かつモノクロームな空間へ構成する現代的な作風を展開しています。
本展では、新作を含む作品45点により、若くして優れた才能を発揮する地元出身の両画家が、人物描写によって形づくる現代の絵画表現に迫ります。また、天竜二俣の出身で、絵画表現の新たな可能性を追求し、人物群像やインドを描いた制作で高い評価を得た秋野不矩の作品8点を併せて展示します。

山田優アントニ《crown》
山田優アントニ「crown」2015年

川島優《Qualia》
川島優「Qualia」2015年

関連イベント

出品作家によるアーティストトーク
山田優アントニ氏、川島優氏 (予定)
※詳細は決定次第、当館ホームページにてお知らせします。

所蔵品展:「~遥かなる世界へ~」

展示期間

平成29年3月18日(土曜日)~3月31日(金曜日)

休館日

3月21日、27日

料金

大人300円、高校生150円

中学生以下、70歳以上、障害者手帳所持者は無料

詳細は利用案内(観覧料)をご覧ください。

展示室

第1展示室、第2展示室

内容

詳細は未定です。平成29年度の第1回所蔵品展と同じ内容になります。

このページのよくある質問

よくある質問の一覧を見る

お問い合わせ

浜松市役所市民部秋野不矩美術館

〒431-3314 浜松市天竜区二俣町二俣130

電話番号:053-922-0315

ファクス番号:053-922-0316

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?